商品画像
青春の終焉[image1]
商品名
青春の終焉
商品説明
[著者] 三浦雅士
[装丁] 近藤一弥
[発行所] 講談社
[発行年] 2001年 1刷
[言語] 日本語 [フォーマット] 四六|ハードカバー [ボリューム] 488頁
[サイズ] 194mm × 136mm × 36mm
[構成] 1冊 [付属] カバー、帯
[コンディション] BODY:VERY GOOD ★★★★☆☆☆ JACKET:VERY GOOD ★★★★☆☆☆
[備考] メール便不可
商品解説

[コメント] 英語のユースへの訳語として誕生した青年・青春。本書は、18世紀ヨーロッパで発生し、イギリス、フランス、ドイツ、ロシア、日本、さらに中国へと19世紀から20世紀にかけて伝染し、1970年をまたぐと見る見るうちに萎んでしまった青春という語をめぐり、「日本近代文学は青春という病の軌跡にほかならない。その視点に立ってひとつの歴史が語られなければならないと考えた」と語る三浦雅士が、小林秀雄、夏目漱石、佐藤春夫、中村光夫、三島由紀夫、太宰治、村上龍、村上春樹、滝沢馬琴など、近代日本の文学・思想、さらには江戸時代へと遡り、展開した文芸評論。「群像」(2000年1〜11月号、2001年1〜4月号)への連載に「はしがき」と「あとがき」を書き下ろしてまとめたもの。

[目次・構成・収録内容]
はしがき

1 青春の終焉
2 恋愛の台本
3 ドストエフスキーの波紋
4 歴史とカーニヴァル
5 道化の逆説
6 笑う近代
7 女々しさの勁さ
8 十九世紀日本文学
9 馬琴の影
10 故郷転生
11 教養の幻想
12 文化の皮肉
13 大学の死
14 急進と根源
15 失うものは何もなかった…

あとがき

[図書分類] 文学全般|批評・文学論・文芸評論|思考・思想・哲学
[キーワード] MODERN(モダニズム)|JAPAN・JAPONISM|CRITICISM・CRITICAL
[コード] 4062107805

詳細情報を表示

基本情報のみ表示

海外発送

International Shipping

Please contact us with title or code that you want, your name and address from inquiry form.
We will e-mail you the total costs of your purchase including the shipping cost and tax.
We would accept PayPal payment only.
After confirming payment, we send parcel by JAPAN POST SERVICE soon!

商品価格
1,260円

RELATION

関連商品のご紹介

BOOK : DOMESTIC

同じカテゴリーのリストを表示する

NEW ARRIVAL

新着商品のリストを表示する

BLOW-OUT PRICE

期限付き特別価格(ウェブショップ注文限定)のリストを表示する

SHOPPING CART

商品点数
0点
合計金額
0円
税込6,500円以上お買い上げで配送無料!国内送料280円(メール便)〜

ADD TO CART

商品番号
BK130253
商品価格
1,260円
注文数量

BOOKMARK / SHARE

RE-STOCK

CLASSIFICATION

KEYWORD