商品画像
未来予測の幻想 ジュール・ヴェルヌからビル・ゲイツまで[image1]
商品名
未来予測の幻想 ジュール・ヴェルヌからビル・ゲイツまで
商品説明
[著者] フランソワ=ベルナール・ユイグ [翻訳] 丸岡高弘
[装幀] 戸田ツトム 岡孝治
[発行所] 産業図書
[発行年] 1997年 初版
[言語] 日本語 [フォーマット] 四六|ハードカバー [ボリューム] 290ページ
[サイズ] 195mm × 136mm × 23mm
[構成] 1冊 [付属] カバー、帯
[コンディション] BODY:VERY GOOD ★★★★☆☆☆ JACKET:GOOD ★★★☆☆☆☆
[商品メモ] スレ
[流通価格(商品登録時調べ)] 2592 円
商品解説

[コメント] 人間とは「予言する猿」、ホモ・エレクトゥス・ノストラダムスである。SF作家の夢想からサイバー・スペースの予言まで、競馬の予想からテクノクラートの経済予測まで、「未来予測」という側面から現代をとらえなおすユニークな文明論。(帯文より)
予言者、学者、テクノクラート、環境保護論者、占い師、経済計画立案者、各分野のエキスパートたちはこれまでいろいろな未来を予言してきた。過去の予言者たちの予言がどのくらい正確だったのか? 我々はそうした予言をなぜ信じたのだろうか? 未来予測の専門家たちは何故いつも間違えるのだろうか? どんなに大胆に予測しようとしても、結局は昔の時代におこなわれた未来予測と似てしまうのはどうしてだろうか? 本書は、こうした予言を検証し、未来に関するさまざまな言説を批判的に読解したもの。

[目次・構成・収録内容]
日本語版読者のために
序論 現状分析と予言
第1章 つねに間違える技術
第2章 ネオ予言者とポスト・モダニスト
第3章 終末論がどっさり
第4章 ユートピアへの鎮魂歌
第5章 テクノ楽観主義
第6章 希望のテクノロジー
第7章 西暦2000年―バラ積みされた予想
第8章 西暦2000年か、それとも西暦ゼロ年か
第9章 自然の未来
結論
原注
訳者あとがき
文献
人名索引

[図書分類] 社会学・社会現象|政治・行政|易占
[キーワード] MYTH(神話)|TECHNOLOGY|XANADU・UTOPIA|HISTORICAL|CRITICISM・CRITICAL|MEDIA・MESSAGE
[コード] 4782801106

詳細情報を表示

基本情報のみ表示

海外発送

International Shipping

Please contact us with title or code that you want, your name and address from inquiry form.
We will e-mail you the total costs of your purchase including the shipping cost and tax.
We would accept PayPal payment only.
After confirming payment, we send parcel by JAPAN POST SERVICE soon!

商品価格
1,000円

RELATION

関連商品のご紹介

BOOK : DOMESTIC

同じカテゴリーのリストを表示する

NEW ARRIVAL

新着商品のリストを表示する

BLOW-OUT PRICE

期限付き特別価格(ウェブショップ注文限定)のリストを表示する

SHOPPING CART

商品点数
0点
合計金額
0円
税込6,800円以上お買い上げで配送無料!国内送料280円(メール便)〜

ADD TO CART

商品番号
BK160021
商品価格
1,000円
注文数量

BOOKMARK / SHARE

PICKING UP

CLASSIFICATION

KEYWORD