商品画像
痕跡 戦後美術における身体と思考/TRACES Body and Idea in Contemporary Art[image1]
商品名
痕跡 戦後美術における身体と思考/TRACES Body and Idea in Contemporary Art
商品説明
[編集] 尾崎信一郎 [翻訳] 森元庸介 藤原貞朗 池田祐子 松谷誠子
[デザイン] 宮谷一款
[発行所] 京都国立近代美術館
[発行年] 2005年
[言語] 日本語、英語 [図版] カラー、モノトーン|写真、イラスト
[フォーマット] A4変型|ソフトカバー [ボリューム] 352ページ
[サイズ] 297mm × 213mm ※外寸表示に移行中
[構成] 1冊 
[コンディション] BODY:GOOD ★★★☆☆☆☆ JACKET:GOOD ★★★☆☆☆☆
[商品メモ] スレ・角折れあり
[備考] 版元品切
商品解説

[コメント] 切り裂かれたカンヴァス、飛び散った塗料の跡、画面に残された手形。戦後美術の主流を占めるイメージの多くは因果関係に基づき、表現の場に身体や物質が生々しく刻印されている。具体美術協会、読売アンデパンダン展周辺の作家たち、もの派、アメリカにおけるネオ・ダダやボディー・アート、コンセプチュアル・アート、アクション・ペインティング、ヨーロッパにおけるウィーン・アクショニズムなど、国籍も時期も表現も全く異なる美術の動向を取り上げた本書は、肖像画や風景画のように「なにかに似ている」のではなく、「なにごとかの結果として」かたちづくられたイメージに「痕跡」という名を与え、1945年以降の日本と欧米の美術を独自の観点から見直し、多様な作品が秘める共通点と差異、影響関係と独自性を検証した展覧会のカタログ。ジャクソン・ポロック、ルーチオ・フォンタナ、デ・クーニング、マチウ、アンディ・ウォーホル、ロバート・ラウシェンバーグ、スーザン・ウェイル、ジョン・ケージ、イヴ・クライン、アナ・メンディエッタ、デニス・オッペンハイム、ヘルマン・ニッチ、ロバート・スミッソン、アルマン、ソル・ルウィット、メル・ボックナー、篠原有司男、吉原治良、桜井孝身、辰野登恵子、村上三郎、高松次郎、野村仁など60名の作家の作品120点で構成。

[目次・構成・収録内容]
ごあいあつ
謝辞

テキスト
痕跡─過酷なる現実としての美術 尾崎信一郎
イメージ─航跡 ジョルジュ・ディディ=ユベルマン
指標(インデクス)と似せもの(カウンターフィット) リチャード・シフ
超過とプロセス─ウィーン・アクショニズム フーベルト・クロッカー

図版
1 表面─SURFACE
2 行為─ACTION
3 身体―BODY
4 物質─MATERIAL
5 破壊─DESTRUCTION
6 転写─TRANSFER
7 時間─TIME
8 思考―IDEA

作品リスト
作家解説
作家略歴
関連年表
写真クレジット

[図書分類] アート・芸術全般|現代美術|絵画・版画・平面|思考・思想・哲学
[キーワード] AVANGARDE|BODY(身体)|DANCE・PERFORM|RUIN|MATERIAL・SOURCE|REPRESENTATION|TRIP・TRANCE|HISTORICAL
[コード] 4876421730

詳細情報を表示

基本情報のみ表示

外部リンク
現在こちらの商品は在庫を切らしております。

RELATION

関連商品のご紹介

BOOK : DOMESTIC

同じカテゴリーのリストを表示する

NEW ARRIVAL

新着商品のリストを表示する

BLOW-OUT PRICE

期限付き特別価格(ウェブショップ注文限定)のリストを表示する

SHOPPING CART

商品点数
0点
合計金額
0円
税込6,800円以上お買い上げで配送無料!国内送料280円(メール便)〜

ADD TO CART

商品タグ
REQUEST FOR SEARCHSOLD OUT
商品番号
BK110234
現在こちらの商品は在庫を切らしております。

BOOKMARK / SHARE

RECOMMEND

CLASSIFICATION

KEYWORD