商品画像
幻想の地誌学 空想旅行文学渉猟[image1]
商品名
幻想の地誌学 空想旅行文学渉猟
商品説明
[著者] 谷川渥
[装幀] 武智淳
[発行所] トレヴィル
[発行年] 1996年 初版
[言語] 日本語 [フォーマット] A5|ハードカバー [ボリューム] 239ページ
[構成] 1冊 [付属] カバー、帯
[コンディション] BODY:FINE ★★★★★☆☆ JACKET:FINE ★★★★★☆☆
[備考] 絶版
商品解説

[コメント] 副題に「空想旅行文学渉猟」とあるように、幻想文学を中心にユートピア、砂漠、海底、月世界など、現実と結ばれながら反現実の場所を主題とする空想世界へのありようを考察したもの。月刊誌『ザ・ステイタス』(日本プレジデントクラブ)1992年1月号から8月号まで連載されながら、廃刊により中断を余儀なくされた同タイトルの文学論に二篇の地図論を加えた書き下ろしだが、著者谷川渥(1948-)の書き下ろし処女作『形象と時間』(白水社 1986)が時間的想像力の類型論だったのに対し、本書は地誌学(トポグラフィー)が示すように空間的想像力の類型論として、19世紀から20世紀にかけての幻想作品や旅行譚をテーマにトマス・モアの『ユートピア』、ユイスマンスの『さかしま』、ジュール・ヴェルヌの『海底二万里』や、後半のポオの『ナンタケット島出身のアーサー・ゴードン・ピムの物語』の及ぼした影響力、さらに映画や美術作品にも触れ、美学者谷川渥のセレクトした多くの図版や、武智淳による造本の美しさも手伝って、手にした読者を地図にない旅へ誘ってくれるこの上ない魅力の一冊。

[目次・構成・収録内容]
幻想の島へ
幾何学的な子宮
プロスペローの魔島
月―空に浮かぶ島
海という装置
地底の旅
隠喩としての砂漠
密林の美女
人体地図の系譜
二枚の地図
あとがき
参考文献
参考図版出典
索引

[図書分類] 美術論・芸術論|批評・文学論・文芸評論|書誌学・図書館
[キーワード] IMAGE・IMAGERY|TRIP・TRANCE|XANADU・UTOPIA|LABYRINTH|FANTASY|GUIDE(ガイド)|BOOKBINDING
[コード] 4845710919

詳細情報を表示

基本情報のみ表示

外部リンク
現在こちらの商品は在庫を切らしております。

RELATION

関連商品のご紹介

BOOK : DOMESTIC

同じカテゴリーのリストを表示する

NEW ARRIVAL

新着商品のリストを表示する

BLOW-OUT PRICE

期限付き特別価格(ウェブショップ注文限定)のリストを表示する

SHOPPING CART

商品点数
0点
合計金額
0円
税込6,500円以上お買い上げで配送無料!国内送料280円(メール便)〜

ADD TO CART

商品タグ
REQUEST FOR SEARCHSOLD OUT
商品番号
BK051383
現在こちらの商品は在庫を切らしております。

BOOKMARK / SHARE

PICKING UP

CLASSIFICATION

KEYWORD