商品画像
「建築」批判 空間をめぐる光芒[image1]
商品名
「建築」批判 空間をめぐる光芒
商品説明
[著者] 鈴木隆之
[装幀] 長谷川純雄
[発行所] 彰国社
[発行年] 1995年 1版
[言語] 日本語 [フォーマット] B6|ソフトカバー [ボリューム] 288ページ
[サイズ] 182mm × 130mm × 18mm
[構成] 1冊 [付属] カバー
[コンディション] BODY:GOOD ★★★☆☆☆☆ JACKET:GOOD ★★★☆☆☆☆
商品解説

[コメント] 建築家原広司のもとでヤマト・インターナショナルの設計・監理(1987)を行った経験を持つ建築家であり、第30回群像新人賞を受賞し、『ポートレート・イン・ナンバー』や『未来の地形』などの作品を発表している小説家、『「エースをねらえ!」論』などの評論、京都精華大学教授としての顔も持つ建築家鈴木隆之が現代建築の状況をめぐり、自明と思われている思考の枠組に対して疑問を差し挟み、時代と意識を「大文字の建築」から「建築の解体」へとルートの逆を辿りながら、文学に照射される建築をも視野に入れて、この現代社会に混在する文化とその風景のさまざまなシーンを文学的な視座から論じる。建築批評の構築と21世紀へ向かう建築の可能性に迫った評論集。

[目次・構成・収録内容]
序 章 いまだ読まれざる建築に向けて
第1章 建築批判
1 建築批判
2 歴史の解体
3 建築とは何でしょう?
第2章 建築批評の構築
1 批評の背景
2 表現はいつ行われるか?
3 シュプレマティズム
4 サイバーパンク時代の空間
5 建築とアート
第3章 現代建築の状況を巡って
1 コスモロジー批判
2 時代と建築~一九九〇年代の建築
3 「透明」という非・物質
4 物語の解体と都市の風景の行方
5 空間の意思~スティーブン・ホールとレム・コールハース
第4章 建築の可能性へ向けて
1 建築のラストシーン
2 「透明」という問題
3 建築と風景
  幽霊電車
  心地よい街からの闘争
  肉体と風景
第5章 建築―文学からの射照
1 時代と意識
  村上春樹の「問題」
  言葉の都市
  意識の地形
2 ポストモダンと物語
  物語を生きること
  カーニバル
  混在の文化とその風景
3 文学に照射される建築

あとがき・初出一覧

[図書分類] 建築・土木・環境工学|批評・文学論・文芸評論
[キーワード] CRITICISM・CRITICAL|ARCHITECT(建築家)|POSTMODERN|HISTORICAL
[コード] 439500430X

詳細情報を表示

基本情報のみ表示

海外発送

International Shipping

Please contact us with title or code that you want, your name and address from inquiry form.
We will e-mail you the total costs of your purchase including the shipping cost and tax.
We would accept PayPal payment only.
After confirming payment, we send parcel by JAPAN POST SERVICE soon!

商品価格
1,000円

RELATION

関連商品のご紹介

BOOK : DOMESTIC

同じカテゴリーのリストを表示する

NEW ARRIVAL

新着商品のリストを表示する

BLOW-OUT PRICE

期限付き特別価格(ウェブショップ注文限定)のリストを表示する

SHOPPING CART

商品点数
0点
合計金額
0円
税込6,500円以上お買い上げで配送無料!国内送料280円(メール便)〜

ADD TO CART

商品タグ
BLOW-OUT PRICE
商品番号
BK110542
商品価格
1,000円
注文数量

BOOKMARK / SHARE

PICKING UP

CLASSIFICATION

KEYWORD