商品画像
京都の美術 250年の夢 第2部 明治から昭和へ:京都画壇の隆盛[image1]京都の美術 250年の夢 第2部 明治から昭和へ:京都画壇の隆盛[image2]京都の美術 250年の夢 第2部 明治から昭和へ:京都画壇の隆盛[image3]京都の美術 250年の夢 第2部 明治から昭和へ:京都画壇の隆盛[image4]京都の美術 250年の夢 第2部 明治から昭和へ:京都画壇の隆盛[image5]
商品名
京都の美術 250年の夢 第2部 明治から昭和へ:京都画壇の隆盛
商品説明
[編集] 京都市美術館 [翻訳] 江見郁子
[デザイン] 津村正二
[発行所] 光村推古書院
[発行年] 2020年 初版1刷
[言語] 日本語、英語 [図版] カラー|写真、イラスト
[フォーマット] B5変型|ソフトカバー [ボリューム] 248ページ
[サイズ] 243mm × 164mm × 22mm
[構成] 1冊 [付属] カバー、帯
[コンディション] BODY:VERY GOOD ★★★★☆☆☆ JACKET:VERY GOOD ★★★★☆☆☆
[流通価格(商品登録時調べ)] 2530 円
商品解説

[コメント] 1933年に日本で2番目の公立美術館として開館した京都市美術館。本書は、2020年10月10日から2020年12月6日まで開催予定だった(新型コロナウィルスの影響により会期・構成は変更)京都市京セラ美術館開館記念展「京都の美術 250年の夢 第2部 明治から昭和へ:京都画壇の隆盛」の図録。東京画壇に対抗して竹内栖鳳を中心に形成された京都画壇の日本画、帝展の美術工芸部門の新設によって刺激を受けた工芸界、浅井忠による関西美術院の創設からはじまる洋画壇など、「京都の美術」の近代化の多彩な展開を紹介。

[目次・構成・収録内容]
ごあいさつ
謝辭

開館記念展「京都の美術 250年の夢」について 山田諭
京都の美術を近代化した原動力:西洋と歴史を知る者たち 山田諭
明治後期から昭和初期の京都の工芸:転換期を迎えて 後藤結美子

[図版]
1 大正の日本画・書:国画創作協会の結成と画壇の再編
2 昭和の日本画・書:官展の隆盛と画塾の躍進
3 大正・昭和の洋画・彫刻:ヨーロッパ体験による多様化と深化
4 明治末から大正期の工芸:芸術としての工芸の模索
5 昭和初期の工芸:展への工芸の参入と民藝運動

作家解說
関連年表
主要参考文献
出品目錄

[図書分類] 美術論・芸術論|絵画・版画・平面|造形・彫刻・立体|工芸・民芸|芸能・芸道|日本美術
[キーワード] EXHIBITION|JAPAN・JAPONISM|HISTORICAL|EDUCATION|MODERN(モダニズム)
[コード] 4838105991

詳細情報を表示

基本情報のみ表示

海外発送

International Shipping

Please contact us with title or code that you want, your name and address from inquiry form.
We will e-mail you the total costs of your purchase including the shipping cost and tax.
We would accept PayPal payment only.
After confirming payment, we send parcel by JAPAN POST SERVICE soon!

商品価格
1,500円

RELATION

関連商品のご紹介

BOOK : DOMESTIC

同じカテゴリーのリストを表示する

NEW ARRIVAL

新着商品のリストを表示する

BLOW-OUT PRICE

期限付き特別価格(ウェブショップ注文限定)のリストを表示する

SHOPPING CART

商品点数
0点
合計金額
0円
税込7,500円以上お買い上げで配送無料!国内送料280円(メール便)〜

ADD TO CART

商品タグ
NEW ARRIVAL
商品番号
BK230097
商品価格
1,500円
注文数量

BLOW-OUT PRICE

CLASSIFICATION

KEYWORD