商品画像
映画の精神[image1]映画の精神[image2]
商品名
映画の精神
商品説明
[著者] ベラ・バラージュ [翻訳] 佐々木基一 高村宏
[発行所] 創樹社
[発行年] 1984年 1刷
[言語] 日本語 [図版] モノトーン|写真
[フォーマット] 四六|ハードカバー [ボリューム] 267ページ
[サイズ] 194mm × 135mm × 23mm
[構成] 1冊 [付属] カバー
[コンディション] BODY:VERY GOOD ★★★★☆☆☆ JACKET:VERY GOOD ★★★★☆☆☆
[備考] 版元品切
商品解説

[コメント] ハンガリーのセゲドに生まれ、第一次大戦前はG・ルカーチとともに演劇運動を展開し、1924年に映画に関する最初の著作集『視覚的人間』を発表。その後映画版『三文オペラ』など、数多くの映画脚本を手がけた詩人・劇作家・映画評論家・映画理論家 ベラ・バラージュ(Béla Balázs 1884–1949)の映画理論書(Der Geist des Films, Wilhelm Knapp, 1930.)を邦訳したもの。

[目次・構成・収録内容]
1 七年後
コロンブスの船出──どうぞ乗りかえて下さい!──ロシアの農場管理人の話──新しい言語──なぜ古い映画は滑稽か?──芸術が問題なのではない!──教養

2 創造的なカメラ
われわれは画面の中にいる!

3 クローズ・アップ
新しい次元──相貌とメロディ──表情による対話──微視的相貌──眼に見えない顔──単純さ──技術は必要とされるときに生まれる──ロマンチックでない顔──相貌のモザイク俳優を避ける──自然は外にとどまる──自然の演技者──階級の顔──微視的作劇法──カメラの活力──密度が外延性をおしのける──台本の危機──劇的状態──主人公のいない映画

4 視点
逃れられない主観性──空間の中の映像──映像の中の空間──鏡の視点(間接の視点)──カメラの抒情詩──映像の調子──誇張──客観性──なぜドイツの例が少ないか?──映像による隠喩──映像の身振り──隠された映像──眼の嗅覚──別の側面──―人間の領域──印象主義―映像の空言──「狙いをもった」ショット──変形式をもつテーマ──映画の様式──すべての様式はモダーンである──映画は様式の意識を促進する

5 モンタージュ
意味の傾向──創造する鋏映像に時称はない──創造的モンタージュ──連想のモンタージュ──モンタージュの連想──寓意のモンタージュ──思想のモンタージュ──モンタージュによるエッセイ──韻律学──表意記号ではだめだ!──リズムーテンポ──視覚的音楽──装飾の運動──方向のモンタージュ──観客が踊る──運動の装飾──異なった領域の対位法

6 カットのないモンタージュ
溶暗──絞りのもつ精神性──時間──動きのない時間──―時間のオーバーラップ──クローズ・アップの時間──「歌唱的なもの」──環境が変化する──場所が変わらずに空間が変わる──形式的なオーバーラップ──カメラがパノラマをつくる──間感情──空間の連続性──距離の漸次緩徐──観的モンタージュ──夢──舞台の上の映画──きにすぎた憂慮──矛盾はどこにあるか──トーキーが演劇を救う──映画は演劇を解放する──視覚的モノローグ──群衆

7 筋を避ける
現実をともなわない真理──二つの方向への逃避──主人公のいない映画──横断面映画──群衆映 画──原子は互いに等しい──思想映画についてのエイゼンシュテインの説──虚構のない創作──生の技術──現実のモザイク──映画・眼──日記と自伝──―ニュース映画──見解を含んだ観方──戦争映画──現在──―撮影する意識──自然映画

8 絶対映画
自分から離れられない──単一の事物──印象があるだけで事物はない──事件や因果関係はない──外界の仮象──内的事実──鏡が自らをあらわす──―手段としての絶対映画──事物の中の魂ではなく魂の中の事物──論理は手段であり心理が目的で ある──シュールリアリズム映画──―そのとき何を 心にうかべますか?──アンダルシアの犬──魂の切片──眼への注入──内的イメージの客観化──隠喩と比喩──カメラの光学的技術──トリックの意義──絶対的映像──視覚的なお伽話──コミック映画──コミックな内容──コミックな映像──映像は殺すわけにゆかない──不意打ちは昂りをもたない──『小さなリリー』(一九二九年作)──猫のフェリックスと兎のオスワルト──動くようになった線画抽象映画──字幕──音楽の誤った類推──音楽は抽象的ではない──時間と形態──抽象的形態の大きさ──形式は克服である──アヴァンギャルド

9 色彩映画とそのほかの可能性
わたしの誤り──動く形象──色彩の動き──色彩のモンタージュ──色彩の連続性──深さの遠近──短いカットの中の立体的映像──画面の枠の拡大──映写面の拡大

10 サウンド映画
歴史は先へ進む──まずスプーン、それからスープ──要求──聴覚的環境──騒音の発見──サウンド映画が芸術となるための条件──不充分な放送劇──訓練されていない耳──音と空間──音には影がない──音の位置の局限──音はくっついていない──音の遠近法──理論は費用の節約になる──音の空間的性質──マイクロフォンの不思議──静寂──静寂と孤独──静寂と空間──創造的サウンドカメラ──音の視点音は描写できない──視覚的視点が妨げられる──にもかかわらず!──音のショット──音の操縦──音のクローズ・アップ──人間が鳴りだす──語られた風景──音のクローズ・アップは完全には切り離されない──音のモンタージュ──映像のリズムと音のリズム──音と映像の類似性──聴覚による補足──非同時的モンタージュと後を追うパン──非同時的現実、同時的描写──主観的な音のモンタージュ──音のオーバーラップ──絶対的モンタージュ──絶対的サウンド映画──精神技術的な厄介な問題──心理的同時効果──騒音のシンフォニー──伴奏音楽──音楽のための新しい素材──対話──―視覚上の損失──字幕はどうであったか──対話の使用──空中からの声──サウンド映画的趣味!──劇的伴奏を伴った音楽──音楽的挿入物──視覚的背景──過渡期の危機──解釈の究極性──サウンド・コメディ──処女地──最終の問題──懐疑家

11 イデオロギー的所見
芸術史と美的評価──大衆性──技術的集団性──美的価値と大衆性──ドイツ的精神性──偵察隊──大衆性は希望がないわけではない──映画制作の基盤としての小市民──小市民の限界──ロマンチックなものにするという防禦措置──ウイル・ヘイスの法典──恋愛──家族──「快適さ」──消散──探偵──通俗性──パトス──通俗物に対する反対──逆転されたロマンチシズム──プロレタリア映画──ロマンチックでなくなった主人公──即物性と現実性──みせかけの反対派──人間は現実の一部である──ロシア映画の発展──三つの段階──文学と現実──詩人は嘘をつかない!──絶対的な抽象映画のイデオロギー──非社会的シュールリアリズム──にもかかわらず!

訳者あとがき

[図書分類] 映画・映像|思考・思想・哲学
[キーワード] MEDIA・MESSAGE|IMAGE・IMAGERY|VIEW・VISION|CRITICISM・CRITICAL|CONSCIOUS・SENCE|METHOD・NOTATION

詳細情報を表示

基本情報のみ表示

海外発送

International Shipping

Please contact us with title or code that you want, your name and address from inquiry form.
We will e-mail you the total costs of your purchase including the shipping cost and tax.
We would accept PayPal payment only.
After confirming payment, we send parcel by JAPAN POST SERVICE soon!

商品価格
2,000円

RELATION

関連商品のご紹介

BOOK : DOMESTIC

同じカテゴリーのリストを表示する

NEW ARRIVAL

新着商品のリストを表示する

BLOW-OUT PRICE

期限付き特別価格(ウェブショップ注文限定)のリストを表示する

SHOPPING CART

商品点数
0点
合計金額
0円
税込6,800円以上お買い上げで配送無料!国内送料280円(メール便)〜

ADD TO CART

商品番号
BK210303
商品価格
2,000円
注文数量

BOOKMARK / SHARE

LIMITED

CLASSIFICATION

KEYWORD