商品画像
メディア文化を社会学する 歴史・ジェンダー・ナショナリティ[image1]
商品名
メディア文化を社会学する 歴史・ジェンダー・ナショナリティ
商品説明
[編集] 高井昌吏 谷本奈穂
[装幀] 井上二三夫
[発行所] 世界思想社
[発行年] 2009年 1刷
[言語] 日本語 [図版] モノトーン|写真
[フォーマット] 四六|ソフトカバー [ボリューム] 304ページ
[サイズ] 182mm × 133mm × 19mm
[構成] 1冊 [付属] カバー
[コンディション] BODY:FINE ★★★★★☆☆ JACKET:VERY GOOD ★★★★☆☆☆
[流通価格(商品登録時調べ)] 2160 円
商品解説

[コメント] 社会学するとは何か―メディアを通して様々な「常識」や「記憶」が創られている。身近な文化現象を、理論/歴史/流行現象の視角から再考し、社会学を「実践」することの面白さと奥深さを開示する。

[目次・構成・収録内容]
はじめに

第一部 視点を変えてみる
 第1章 スポーツ中継とメディアの媒介性―実況放送の社会学 高井昌吏
 第2章 「見る」とは何か―三つの視覚モード 谷本奈穂
 第3章 「任侠映画」と『あしたのジョー』―「男らしさ」のメディア学 高井昌吏

第二部 歴史から現在を考える
 第4章 『主婦之友』にみる台所と女性―生活空間の意味変容 村瀬敬子
 第5章 皇室イメージの戦前と戦後―大衆天皇制の文化社会学 石田あゆう
 第6章 「きょうの料理」にみる「伝統」の創造―テレビとジェンダーの社会学 村瀬敬子
 第7章 戦後沖縄と「終戦の記憶」の変容―「記念日」のメディア・イベント 福間良明

第三部 流行現象を読み解く
 第8章 メディア遊びとミニFM―マイナーメディアの文化論 坂田謙司
 第9章 「若い女性」の誕生―雑誌が生み出す読者像 石田あゆう
 第10章 『男たちの大和』と「感動」のポリティクス―リアリティのメディア論 福間良明
 第11章 『スラムダンク』の「魅力」―読者解釈と構造分析 谷本奈穂

あとがき
索引
編者・執筆者紹介

[図書分類] 社会学・社会現象|報道・広報・広告|武術・スポーツ・競技|映画・映像|戦争・軍事・兵法|ファッション・衣裳
[キーワード] ANTHOLOGY|MEDIA・MESSAGE|HISTORICAL|GENDER
[コード] 4790714454

詳細情報を表示

基本情報のみ表示

海外発送

International Shipping

Please contact us with title or code that you want, your name and address from inquiry form.
We will e-mail you the total costs of your purchase including the shipping cost and tax.
We would accept PayPal payment only.
After confirming payment, we send parcel by JAPAN POST SERVICE soon!

商品価格
980円

RELATION

関連商品のご紹介

BOOK : DOMESTIC

同じカテゴリーのリストを表示する

NEW ARRIVAL

新着商品のリストを表示する

BLOW-OUT PRICE

期限付き特別価格(ウェブショップ注文限定)のリストを表示する

SHOPPING CART

商品点数
0点
合計金額
0円
税込6,800円以上お買い上げで配送無料!国内送料280円(メール便)〜

ADD TO CART

商品番号
BK160075
商品価格
980円
注文数量

BOOKMARK / SHARE

RE-STOCK

CLASSIFICATION

KEYWORD