商品画像
群衆論 20世紀ピクチャー・セオリー[image1]
商品名
群衆論 20世紀ピクチャー・セオリー
商品説明
[著者] 港千尋
[造本・装幀] 箕浦卓 [タイトル写植] 井上聖昭
[発行所] リブロポート
[発行年] 1991年
[言語] 日本語 [フォーマット] 菊判変型|ハードカバー [ボリューム] 339ページ
[サイズ] 215mm × 134mm × 28mm
[構成] 1冊 
[コンディション] BODY:VERY GOOD ★★★★☆☆☆ JACKET:GOOD ★★★☆☆☆☆
[商品メモ] ペンサイン入り、カバーヤケ、縁に切れ・部分欠けあり
[備考] 絶版、メール便不可
商品解説

[コメント] 顔から群れへ、群れから群衆へ、そしてさらなる増殖へ…20世紀の群衆像―その映像表現としてのエポックは、ロシア構成主義、ナチズム、ハリウッドだった。群衆に抱かれながら、人々は触覚の喜びと恐れを覚え、その皮膚にあらゆる群れの感情を記憶させてきた。20世紀に登場した都市群衆という怪物は、新しい視覚体験を生む創像の源となるとともに、一方で権力の繭となり所有と支配を産む力ともなる。創像者はやがて映像による知覚の革命を夢み、権力の繭からは「監視者」が姿を現わす。20世紀の群衆現象をたどり、精神科医クレランボー、映画監督エイゼンシュタイン、哲学者ヴィトゲンシュタイン、アーティストのウォーホルらの映像表現を渉猟しながら、群衆を管理したイメージの変遷を追い、「不善を為す群衆」という負のイメージをくつがえし、自由な身体に新しい認識を開く知覚の扉として「群衆」を位置づける。

[目次・構成・収録内容]
プロローグ
第一部
 襞のなかで眠りたい
 サイケデリックスfなぜに顔に見えるのか
第二部
 増殖の始まり
 組み立て式の眼
 階段から落ちる
 ザンダー・エコロジー
 家族的類似について
 死の地勢学(3つのリプレゼンテーション)
 エキストラはなぜカメラを見てはいけないのか
 キングコング、クビライ・カン、カフカ?
 人生と幸運
 電子映像時代の芸術
フォト・ギャラリー 「群衆―パリ・ベルリン・プラハ」
第三部
 注視者と測量士
あとがき

[図書分類] 映画・映像|写真論|思考・思想・哲学
[キーワード] COMMUNICATION|FANTASY|MEDIA・MESSAGE|IMAGE・IMAGERY|TECHNOLOGY|VIEW・VISION|FUNDAMENTAL|AVANGARDE
[コード] 4845706237

詳細情報を表示

基本情報のみ表示

海外発送

International Shipping

Please contact us with title or code that you want, your name and address from inquiry form.
We will e-mail you the total costs of your purchase including the shipping cost and tax.
We would accept PayPal payment only.
After confirming payment, we send parcel by JAPAN POST SERVICE soon!

商品価格
2,400円

RELATION

関連商品のご紹介

BOOK : DOMESTIC

同じカテゴリーのリストを表示する

NEW ARRIVAL

新着商品のリストを表示する

BLOW-OUT PRICE

期限付き特別価格(ウェブショップ注文限定)のリストを表示する

SHOPPING CART

商品点数
0点
合計金額
0円
税込6,500円以上お買い上げで配送無料!国内送料280円(メール便)〜

ADD TO CART

商品タグ
AUTOGRAPH/SIGNATURE
商品番号
BK070941
商品価格
2,400円
注文数量

BOOKMARK / SHARE

AUTOGRAPH

CLASSIFICATION

KEYWORD