商品画像
幻想の海辺[image1]幻想の海辺[image2]幻想の海辺[image3]
商品名
幻想の海辺
商品説明
[著者] 窪田般彌
[発行所] 河出書房新社
[発行年] 1972年 初版
[言語] 日本語 [フォーマット] 四六|ハードカバー [ボリューム] 354ページ
[サイズ] 206mm × 146mm × 30mm
[構成] 1冊 [付属] 函、帯
[コンディション] BODY:VERY GOOD ★★★★☆☆☆ JACKET:GOOD ★★★☆☆☆☆
[商品メモ] 函縁にスレあり
[備考] 絶版、メール便不可
商品解説

[コメント] 『カザノヴァ回想録』をはじめ、ギョーム・アポリネール、ブラッサイ、ジュール・ヴェルヌの作品など、数多くの翻訳を手掛け、レーモン・ラディゲなどのフランス現代詩や『日本の象徴詩人』などの詩論でも知られる仏文学者であり、第一詩集『影の猟人』、『老梅に寄せて』など虚無や死を漂わせた精緻な作品で知られる詩人窪田般彌(1926-2003)。「幻視者の行手には…」と題された中井英夫による帯文にもあるように、本書当時ともすれば「幻想」という言葉にまとわりついた「薄桃いろの造花ほどに頼りなく、また安っぽいしろものを思い浮かべ」たという戦後の偏見の中で、1950年代より精神の欲求に従い素直に付き合ってきたという著者が、およそすべての芸術家が何らかの意味で手にした幻視について文学・美術を中心に記したエッセイを集めたもの。

[目次・構成・収録内容]
I 夢と享楽
 ロココ時代―フランス的ヨーロッパ
 十八世紀的人間ジャコモ・カザノヴァ
 黄昏の詩人アンリ・ド・レニエ
 ロンサールの方法―マリーへのソネ

II 幻想の海辺
 一九一七年以後のフランス詩
 フランス幻想小説
 反レアリスム考
 詩と実存―ボードレールの場合
 J・G・Fのイニシアル-ボードレール『われとわが身を罰するもの』の献辞をめぐって
 文学と幻想
  1 ランボーの幻影
  2 十月について
  3 中原・ラフォルグ・ランボー
 ポール・エリュアール
  1 頌
  2 詞華集
  3 その生涯
 反抗的人間ルネ・シャール
 フランシス・ポンジュ
 モーリス・ブランショ
 ルヴェルディ孤独の栄光

III 自然と性のポエジー
 世紀末の芸術家オーブリー・ビアズリー
 晩年のパスキン
 自然と性のポエジー-マルク・シャガール カラー・リトグラフ「ダフニスとクロエー」
 画家の肖像
  ギュスターヴ・ドレ
  タヒチのひとゴーギャン
  ローランサンとアポリネール
 モロー―孤独な幻視者

あとがき

[図書分類] 批評・文学論・文芸評論
[キーワード] FANTASY

詳細情報を表示

基本情報のみ表示

海外発送

International Shipping

Please contact us with title or code that you want, your name and address from inquiry form.
We will e-mail you the total costs of your purchase including the shipping cost and tax.
We would accept PayPal payment only.
After confirming payment, we send parcel by JAPAN POST SERVICE soon!

商品価格
2,000円

RELATION

関連商品のご紹介

BOOK : DOMESTIC

同じカテゴリーのリストを表示する

NEW ARRIVAL

新着商品のリストを表示する

BLOW-OUT PRICE

期限付き特別価格(ウェブショップ注文限定)のリストを表示する

SHOPPING CART

商品点数
0点
合計金額
0円
税込6,500円以上お買い上げで配送無料!国内送料280円(メール便)〜

ADD TO CART

商品番号
BK100267
商品価格
2,000円
注文数量

BOOKMARK / SHARE

PICKING UP

CLASSIFICATION

KEYWORD