商品画像
広告論講義[image1]
商品名
広告論講義
商品説明
[著者] 天野祐吉
[装丁] 桂川潤
[発行所] 岩波書店
[発行年] 2002年 1刷
[言語] 日本語 [図版] モノトーン|写真
[フォーマット] 四六|ハードカバー [ボリューム] 221ページ
[サイズ] 194mm × 136mm × 21mm
[構成] 1冊 [付属] カバー
[コンディション] BODY:FINE ★★★★★☆☆ JACKET:FINE ★★★★★☆☆
[流通価格(商品登録時調べ)] 1980 円
商品解説

[コメント] 広告─これこそが、大衆消費社会だけでなく、人類の大量殺戮をも引き起こした奇怪なる20世紀を牽引し、そのイメージを絶えず切りひらいてきたのだ。“広告”という窓から時代と社会を見つめ続けてきた著者が、その魅力と怖さ、本質と未来について初めて語る。冴え渡る天野節-卓見とセンスが光る、20世紀的広告論。(カバー折り返しより)
1979年に創刊され、2009年4月号で休刊した雑誌『広告批評』(マドラ出版社)を主宰したコラムニスト 天野祐吉(1933-2013)が、2000年から2001年にかけて、明治学院大学国際学科で行った広告論の講義に加筆し、まとめたもの。

[目次・構成・収録内容]
第1講 パリ万博―欲望のビッグバン
広告の世紀/“事物教育”の広場/広告は何を売るのか/ぜいたくの民主化/“夢の御殿”の終焉

第2講 南極探検隊員募集―未知への誘惑
未知への扉/大移動の世紀/コピーの魔術/広告の神話づくり

第3講 エンゼルと福助―消費者の登場
商標の登場/顧客から消費者へ/信用を売り差異を広告する/生きている商標

第4講 T型フォード―民主主義を広告する
自動車の父/民主主義のシンボル/話題になるということ/広告をつづけるということ

第5講 ヒトラー―ナショナリズムを売る
危ない商品/演説の秘密/“声”というメディア/説得と扇動

第6講 スモカ歯磨―差異化のパイオニア
新しい時代の広告術/リアリストの目/差異化とは何か/センスで差異化する

第7講 フォルクスワーゲン―裏返しのステータス
アメリカ文化へのカウンター・パンチ/モノからイメージへ/“リトルマン”のクールなケンカ/広告の批評性

第8講 アンクルトリス―インテリげんちゃんの出現
新中間層の登場/アンクルトリスの誕生/同時代に語りかける

第9講 NASA―地球を広告する
冷戦下の広告戦/“地球人”の誕生/“クール”なテレビ/商品の向こう側

第10講 ハングリー?―21世紀への送り状
2つのハングリー/飽和した物質文明/“いま”に共振するセンス

補講 広告の明日―20世紀は終わったのか
変わらぬ戦争宣伝/身の丈サイズの社会/広告の明日/20世紀的広告の終わり

おわりに

[図書分類] 報道・広報・広告|教育学・学校
[キーワード] EDUCATION|HISTORICAL|COMMUNICATION
[コード] 4000228250

詳細情報を表示

基本情報のみ表示

海外発送

International Shipping

Please contact us with title or code that you want, your name and address from inquiry form.
We will e-mail you the total costs of your purchase including the shipping cost and tax.
We would accept PayPal payment only.
After confirming payment, we send parcel by JAPAN POST SERVICE soon!

商品価格
980円

RELATION

関連商品のご紹介

BOOK : DOMESTIC

同じカテゴリーのリストを表示する

NEW ARRIVAL

新着商品のリストを表示する

BLOW-OUT PRICE

期限付き特別価格(ウェブショップ注文限定)のリストを表示する

SHOPPING CART

商品点数
0点
合計金額
0円
税込6,800円以上お買い上げで配送無料!国内送料280円(メール便)〜

ADD TO CART

商品番号
BK210252
商品価格
980円
注文数量

BOOKMARK / SHARE

PICKING UP

CLASSIFICATION

KEYWORD