商品画像
科學哲學の形成[image1]
商品名
科學哲學の形成
商品説明
[著者] ハンス・ライヘンバッハ [翻訳] 市井三郎
[発行所] みすず書房 [シリーズ] 現代科學叢書 10
[発行年] 昭和34年 4刷
[言語] 日本語 [フォーマット] 四六|ハードカバー [ボリューム] 339ページ
[サイズ] 196mm × 138mm × 20mm
[構成] 1冊 [付属] カバー
[コンディション] BODY:FAIR ★★☆☆☆☆☆ JACKET:FAIR ★★☆☆☆☆☆
[商品メモ] カバーにヤケ・ヤブレ、本体見返し遊び紙に記名、目次・目録ページに丸印など、中古感・ダメージあり
[備考] 絶版
商品解説

[コメント] ドイツ・ハンブルクに生まれ、物理学、数学、哲学を学んだのちに、ウィーン学団〔原文ママ〕(ベルリン学派か?)の機関雑誌「エルケントニス」の編集に加わるなど、ルドルフ・カルナップらとともに論理実証主義の代表的主唱者として知られるハンス・ライヘンバッハ(Hans Reichenbach 1891-1953)。本書は、伝統的な哲学や合理主義的な知識論を批判し、19世紀以来の数学や物理学の発見から、確率論や経験主義的な知識論の構築など、一歩一歩確実に真理を発見する科学としての哲学へと向かう論考を展開した最後の著作。原題:Rise of Scientific Philosophy(1951)

[目次・構成・収録内容]
原著者序文
感謝の言葉

第一部 思辨的哲学の諸根源
 1 問題提起
 2 一般性の探求とニセの説明
 3 確實性の探求と知識に關する合理主義的考え
 4 道徳律の探求と倫理・認識の平行論
 5 経験論的な見方:成功と失敗
 6 古典物理学の二重性:その経験的側面と合理的側面

第二部 科學的哲學の諸成果
 7 新しい哲學の起源
 8 幾何學の本性
 9 時間とは何か?
 10 自然の諸法則
 11 原子は存在するか?
 12 進化
 13 近代論理學
 14 豫測的知識
 15 幕間劇:ハムレットの獨白
 16 知識に関する機能的考え
 17 倫理學の本性
 18 舊い哲學と新しい哲學:一つの比較

譯者あとがき
索引

[図書分類] 自然科学全般|思考・思想・哲学|西洋思想
[キーワード] CRITICISM・CRITICAL|METHOD・NOTATION|RULE(法律・法則)|QUEST・EXPLORE|HISTORICAL

詳細情報を表示

基本情報のみ表示

海外発送

International Shipping

Please contact us with title or code that you want, your name and address from inquiry form.
We will e-mail you the total costs of your purchase including the shipping cost and tax.
We would accept PayPal payment only.
After confirming payment, we send parcel by JAPAN POST SERVICE soon!

商品価格
1,000円

RELATION

関連商品のご紹介

BOOK : DOMESTIC

同じカテゴリーのリストを表示する

NEW ARRIVAL

新着商品のリストを表示する

BLOW-OUT PRICE

期限付き特別価格(ウェブショップ注文限定)のリストを表示する

SHOPPING CART

商品点数
0点
合計金額
0円
税込6,800円以上お買い上げで配送無料!国内送料280円(メール便)〜

ADD TO CART

商品番号
BK090584
商品価格
1,000円
注文数量

BOOKMARK / SHARE

RECOMMEND

CLASSIFICATION

KEYWORD