商品画像
現代の皮膚感覚をさぐる 言葉、表象、身体[image1]
商品名
現代の皮膚感覚をさぐる 言葉、表象、身体
商品説明
[編集] 平芳幸浩
[装丁] コバヤシタケシ [装画] げこる
[発行所] 春風社
[発行年] 2023年 初版
[言語] 日本語 [図版] モノトーン|イラスト
[フォーマット] 四六|ハードカバー [ボリューム] 264ページ
[サイズ] 195mm × 132mm × 20mm
[構成] 1冊 
[コンディション] BODY:VERY GOOD ★★★★☆☆☆ JACKET:VERY GOOD ★★★★☆☆☆
[流通価格(商品登録時調べ)] 4070 円
商品解説

[コメント] デジタル・デバイスが浸透し、ヴァーチャルな空間での活動が増加する現代社会においてもなお/であるからこそ、皮膚はファジーで錯綜的、非局所的な身体感覚のトポス(在処)としてある。現代の表現行為や日々の営為における皮膚感覚、その意義と可能性に触れなおす。(帯文より) 

[目次・構成・収録内容]
序論 皮膚感覚について 平芳幸浩
第1章 かゆみの哲学断章──哲学的触覚論のゆくえ 藤田尚志
第2章 皮膚と時間──作品の「身体」性格を再考する 若林雅哉
第3章 陶器のようにつるりとした背中──村上春樹『ねじまき鳥クロニクル』における皮膚 高木彬
第4章 シームレスの美学──ファッションと皮膚感覚 平芳裕子
第5章 プラスチックが蠢く、プラスチックと蠢く──『寄生獣』における皮膚(感覚) 太田純貴
第6章 ピピロッティ・リストのヴィデオ・インスタレーションにおける皮膚感覚 牧口千夏
第7章 皮膚感覚としての「建築する身体」──荒川修作+マドリン・ギンズあるいはヘレン・ケラー 平芳幸浩
第8章 サーフェスとイメージ──新しい映像創作がもたらす皮膚感覚 池側隆之

あとがき
参考文献一覧
執筆者一覧

[図書分類] 現代美術|美術論・芸術論|建築・土木・環境工学|思考・思想・哲学|ファッション・衣裳|映画・映像|音楽・楽器・音源|批評・文学論・文芸評論
[キーワード] BODY(身体)|REPRESENTATION|LANGUE・TERM|ANTHOLOGY|ZONE・THRESHOLD|CONSCIOUS・SENCE
[コード] 4861108497

詳細情報を表示

基本情報のみ表示

海外発送

International Shipping

Please contact us with title or code that you want, your name and address from inquiry form.
We will e-mail you the total costs of your purchase including the shipping cost and tax.
We would accept PayPal payment only.
After confirming payment, we send parcel by JAPAN POST SERVICE soon!

商品価格
3,000円

RELATION

関連商品のご紹介

BOOK : DOMESTIC

同じカテゴリーのリストを表示する

NEW ARRIVAL

新着商品のリストを表示する

BLOW-OUT PRICE

期限付き特別価格(ウェブショップ注文限定)のリストを表示する

SHOPPING CART

商品点数
0点
合計金額
0円
税込7,500円以上お買い上げで配送無料!国内送料280円(メール便)〜

ADD TO CART

商品タグ
NEW ARRIVAL
商品番号
BK230080
商品価格
3,000円
注文数量

RE-STOCK

CLASSIFICATION

KEYWORD