商品画像
歴史/修正主義[image1]
商品名
歴史/修正主義
商品説明
[著者] 高橋哲哉
[装丁] 桂川潤
[発行所] 岩波書店 [シリーズ] 思考のフロンティア
[発行年] 2007年 10刷
[言語] 日本語 [フォーマット] B6|ソフトカバー [ボリューム] 122ページ
[サイズ] 182mm × 131mm × 12mm
[構成] 1冊 [付属] カバー
[コンディション] BODY:GOOD ★★★☆☆☆☆ JACKET:VERY GOOD ★★★★☆☆☆
[商品メモ] 巻末広告ページにマーカー線引きあり
[備考] 版元品切
商品解説

[コメント] 1990年代後半に登場した日本版歴史修正主義、「悔悛のグローバリゼーション」といわれるほど広がった歴史の負債を「清算」する動きに対し,修正主義の台頭もまたグローバルな現象である。冷戦終結後に突出した「民族」とナショナリズム─その激化する《記憶の戦争》に分け入って、歴史の中でどう判断すべきかを考える。

[目次・構成・収録内容]
はじめに

Ⅰ 歴史と責任
「罪人の子孫扱いなどもうごめんだ」/「子々孫々まで……罪人の如く」/「本質主義的」民族観の罠/責任を認める側にも同じ罠が……/「戦後責任」を果たすことはポジティヴな行為/「国民としての責任」の同一性と差異/「終わり」ある責任と「終わり」なき責任/「国民」を語ることが即「共同体主義」ではない/「ナショナリティという善」?/「悼み」や「恥じ」は「責任」の引き受けに通じてこそ/「連累」という考え方

Ⅱ 歴史と物語
ネオナショナリズムと「国民の物語」/「歴史の物語論」はどう答えるのか/「国民の物語」も物語られる/物語りの「倫理性」とは?/「批判的多元主義」とは何か?/メタ物語としての「歴史の物語り論」/「倫理主義」批判の背後にあるもの/柳田國男の「物語」論の問題/「常民」の「民俗学」の「イデオロギー批判」が必要/「忘却の穴」と「忘却の海」と/「物語りえぬことについては沈黙せねばならない」のか?/「語りえぬものを語ることの力」

Ⅲ 歴史と判断
「物語」の抗争/「法的責任」の問題/「多様な物語がある」ではすまない/「弱者」にとって「闘い」とは?/「法」と「正義」をめぐる闘い/「判断すること」の意味/「女性国際戦犯法廷」の試み/東京裁判の「再審」/「人道に対する罪」の可能性/国際人道法の「脱構築」/「普遍性」の反転/「アメリカ」という問題

Ⅳ 基本文献案内

あとがき

[図書分類] 歴史全般・歴史学|日本史|戦争・軍事・兵法
[キーワード] HISTORICAL|RULE(法律・法則)|REPORT・RECORD|ASIA(アジア)|CRITICISM・CRITICAL
[コード] 4000264346

詳細情報を表示

基本情報のみ表示

海外発送

International Shipping

Please contact us with title or code that you want, your name and address from inquiry form.
We will e-mail you the total costs of your purchase including the shipping cost and tax.
We would accept PayPal payment only.
After confirming payment, we send parcel by JAPAN POST SERVICE soon!

商品価格
980円

RELATION

関連商品のご紹介

BOOK : DOMESTIC

同じカテゴリーのリストを表示する

NEW ARRIVAL

新着商品のリストを表示する

BLOW-OUT PRICE

期限付き特別価格(ウェブショップ注文限定)のリストを表示する

SHOPPING CART

商品点数
0点
合計金額
0円
税込6,800円以上お買い上げで配送無料!国内送料280円(メール便)〜

ADD TO CART

商品番号
BK220004
商品価格
980円
注文数量

BOOKMARK / SHARE

AUTOGRAPH

CLASSIFICATION

KEYWORD