商品画像
境界のかたち その建築的構造[image1]
商品名
境界のかたち その建築的構造
商品説明
[著者] 保坂陽一郎 [編集] 講談社サイエンティフィック
[発行所] 講談社
[発行年] 1984年 1刷
[言語] 日本語 [図版] モノトーン|写真、イラスト
[フォーマット] A5|ソフトカバー [ボリューム] 187ページ
[構成] 1冊 [付属] カバー
[コンディション] BODY:GOOD ★★★☆☆☆☆ JACKET:GOOD ★★★☆☆☆☆
[商品メモ] カバー裏側にシミあり
[備考] 版元品切
商品解説

[コメント] 山梨県に生まれ、東京大学工学部建築学科を卒業後、芦原義信建築設計研究所を経て、保坂陽一郎建築研究所を設立し、武蔵野美術大学教授をつとめた建築家 保坂陽一郎(1934-2016)が「境界の構造」と題して雑誌「近代建築」誌に1982年1月から1983年12月まで、2年間にわたって連載したものに追加補筆し、図版の大部分を書き改めてまとめられたもの。空間の分け方を比較文化論的にとらえて解説。囲い、門、壁等の領域の物理的限定から精神的・曖昧なものまで,建築のすがたを境界設定の仕方から,時代と地域を超えて解説。

[目次・構成・収録内容]
第一章 境界の曖昧性
第二章 環境の中の境界
 一 ランドスケープのレベル
 二 都市のレベル
第三章 領域の限定
 一 囲い
 二 門―1
 三 門―2
 四 外廊のはたらき
 五 壁の変貌―1
 六 壁の変貌―2
第四章 接触の演出
 一 扉の両義性
 二 建築内部へのアプローチ
 三 留保のスペース
 四 スクリーンのはたらき
 五 床の意味
第五章 内部の世界
 一 内部空間の境界
 二 内部の中の内部
 三 柱のはたらき―1
 四 柱のはたらき―2
第六章 隔てられたもの
 一 はなれること
 二 相補的関係
 三 生と死の境界
第七章 三つのタイプの考察
 ヒエラルキーを高める内奥へのつらなり
 独立したものの集合体
 対応しあう離散体
あとがき

[図書分類] 建築・土木・環境工学|風俗・習俗・民俗
[キーワード] ZONE・THRESHOLD|LANDSCAPE|SPACE・VOID|REGION・AREA|PLACE・TOPOS
[コード] 406139584X

詳細情報を表示

基本情報のみ表示

海外発送

International Shipping

Please contact us with title or code that you want, your name and address from inquiry form.
We will e-mail you the total costs of your purchase including the shipping cost and tax.
We would accept PayPal payment only.
After confirming payment, we send parcel by JAPAN POST SERVICE soon!

商品価格
2,000円

RELATION

関連商品のご紹介

BOOK : DOMESTIC

同じカテゴリーのリストを表示する

NEW ARRIVAL

新着商品のリストを表示する

BLOW-OUT PRICE

期限付き特別価格(ウェブショップ注文限定)のリストを表示する

SHOPPING CART

商品点数
0点
合計金額
0円
税込6,800円以上お買い上げで配送無料!国内送料280円(メール便)〜

ADD TO CART

商品番号
BK210076
商品価格
2,000円
注文数量

BOOKMARK / SHARE

RE-STOCK

CLASSIFICATION

KEYWORD