商品画像
建築論[image1]
商品名
建築論
商品説明
[著者] 森田慶一
[装丁] 道吉剛
[発行所] 東海大学出版会 [シリーズ] 東海選書
[発行年] 1985年 1版6刷
[言語] 日本語 [フォーマット] B6|ハードカバー [ボリューム] 344ページ
[サイズ] 189mm × 134mm × 23mm
[構成] 1冊 [付属] カバー
[コンディション] BODY:GOOD ★★★☆☆☆☆ JACKET:GOOD ★★★☆☆☆☆
[商品メモ] カバー縁、本体天地小口にシミあり
商品解説

[コメント] 東京帝国大学建築学科卒業後、近代日本の建築家 武田五一(1872-1938)に招かれ、1922年から1958年まで京都大学で、1961年から1977年まで東海大学工学部にて建築学の講義を担当し、日本における建築論研究の第一人者として知られる森田慶一(1895-1983)の代表的著作。本書では、建築を把握しようとする知的欲求に応え、その本質を明らかにする著者の代表的な建築論三篇(「建築論概説」、「建築論の特殊問題」、「西洋建築思潮史」)のほか、ポール=ヴァレリの建築論的作品「エウパリノスまたは建築家」の翻訳一篇を収録。

[目次・構成・収録内容]
建築論概説
 序章
 一 物体性の問題
 二 効用性の問題
  1 必然的な用について
  2 快適性について
  3 狭義の用について
 三 芸術性の問題
  1 空間芸術としての建築
  2 形式芸術としての建築
  3 ヴォリュームによって成立する芸術としての建築
 四 超越性の問題
 五 建築の各存在様態相互間の相関
  1 芸術性と合目的性の相関関係を認めない立場
  2 芸術性と合目的性の相関関係を認める立場
 むすび

建築論の特殊問題
 一 様式の問題
 二 法則と自由
 三 建築造形における表現の諸相
  1 記念的な表現
  2 古典的表現とロマン的表現
  3 日本的な表現

西洋建築思潮史
 一 古代ギリシアの建築思想
 二 ウィトルウィウスの建築論
 三 中世の建築観
 四 ルネサンスの建築思想
 五 近世フランスの建築思想
 六 古典主義とロマン主義

ポール=ヴァレリ エウパリノスまたは建築家



[図書分類] 建築・土木・環境工学|工学・機械|思考・思想・哲学
[キーワード] TECHNOLOGY|METHOD・NOTATION|ARCHITECT(建築家)|ENVIRONMENT|RULE(法律・法則)|HISTORICAL
[コード] 4486004078

詳細情報を表示

基本情報のみ表示

海外発送

International Shipping

Please contact us with title or code that you want, your name and address from inquiry form.
We will e-mail you the total costs of your purchase including the shipping cost and tax.
We would accept PayPal payment only.
After confirming payment, we send parcel by JAPAN POST SERVICE soon!

商品価格
1,000円

RELATION

関連商品のご紹介

BOOK : DOMESTIC

同じカテゴリーのリストを表示する

NEW ARRIVAL

新着商品のリストを表示する

BLOW-OUT PRICE

期限付き特別価格(ウェブショップ注文限定)のリストを表示する

SHOPPING CART

商品点数
0点
合計金額
0円
税込6,800円以上お買い上げで配送無料!国内送料280円(メール便)〜

ADD TO CART

商品番号
BK210072
商品価格
1,000円
注文数量

BOOKMARK / SHARE

RECOMMEND

CLASSIFICATION

KEYWORD