商品画像
瀬戸内海 空からみた[image1]
商品名
瀬戸内海 空からみた
商品説明
[編集] 岩波書店編集部
[写真] 中野是正 岩波映画製作所
[発行所] 岩波書店 [シリーズ] 岩波写真文庫 122
[発行年] 1954年
[言語] 日本語 [図版] モノトーン|写真
[フォーマット] B6|中綴じ [ボリューム] 64頁
[サイズ] 182mm × 128mm × 4mm
[構成] 1冊 
[コンディション] BODY:GOOD ★★★☆☆☆☆ JACKET:GOOD ★★★☆☆☆☆
[商品メモ] スレ・キズ、購入日記載あり
[備考] 版元品切
商品解説

[コメント] 「岩波写真文庫」は、1913年に創業を開始した岩波書店が、1950年6月に「物語る写真」というスローガンを掲げて創刊したシリーズ。1958年12月20日までに286冊を刊行した。また同年1950年、中谷宇吉郎の提唱した「良心的な新しい科学映画の製作」を創立の精神に、科学映画・教育映画などを制作するために設立された子会社岩波映画製作所が出版経営を担当し、編集長は『週間サンニュース』(1947-1949)や雑誌『NIPPON』など、当時の日本の写真・出版状況に報道写真(グラフ・ジャーナリズム)という社会性を持ち込んだ名取洋之助(1910-62)。B6判の中綴じの簡素な本(冊子)という体裁も、100円という定価で採算をはかりながら、月3冊ペースで発行していたというのだから、当時の日本人の見ることへの欲求に応えるべく、新たな印刷メディアを届けようとした岩波書店や「岩波写真文庫」に関わった製作者たちの並外れた情熱なくしては成立しなかっただろう。64ページの中に200点もの写真を盛り込み、組写真をメインにしたレイアウトや今見ても新鮮なデザインには、ドイツ「バウハウス」で独特な感覚・編集を学んだ名取洋之助に受け継がれた、実用性と芸術性・美しさを兼ね備えた理想への徹底した思いが受け継がれている。1958年には第1回菊池寛賞受賞。

[目次・構成・収録内容]
東部
大阪─神戸、明石、友ヶ島と紀淡海峡、大鳴門、小鳴門、家島群島と小豆島、高松港と屋島、玉野、児島半島、岡山

中央部
寄島附近、塩飽諸島、観音寺、伊吹島、尾道、生口島、四阪島、安芸灘の小島群、来島海峡、松山附近、呉、音戸、広島

西部
宮島、岩国、下松、柳井、徳山のあたり、佐田岬、豊予水道、佐賀ノ関、姫島、宇部、小野田、関門海峡

[図書分類] 写真集・写真関連|地理・地誌・紀行
[キーワード] EDIT(編集)|COMPOSITION|IMAGE・IMAGERY

詳細情報を表示

基本情報のみ表示

外部リンク
現在こちらの商品は在庫を切らしております。

RELATION

関連商品のご紹介

BOOK : DOMESTIC

同じカテゴリーのリストを表示する

NEW ARRIVAL

新着商品のリストを表示する

BLOW-OUT PRICE

期限付き特別価格(ウェブショップ注文限定)のリストを表示する

SHOPPING CART

商品点数
0点
合計金額
0円
税込6,500円以上お買い上げで配送無料!国内送料280円(メール便)〜

ADD TO CART

商品タグ
NEW ARRIVALSOLD OUT
商品番号
BK170222
現在こちらの商品は在庫を切らしております。

BOOKMARK / SHARE

LIMITED

CLASSIFICATION

KEYWORD