商品画像
解離のポップ・スキル[image1]
商品名
解離のポップ・スキル
商品説明
[著者] 斎藤環
[装幀] ミルキィ・イソベ
[発行所] 勁草書房
[発行年] 2004年 1版1刷
[言語] 日本語 [フォーマット] 四六|ハードカバー [ボリューム] 346頁
[サイズ] 189mm × 134mm × 22mm
[構成] 1冊 [付属] カバー、帯
[コンディション] BODY:GOOD ★★★☆☆☆☆ JACKET:GOOD ★★★☆☆☆☆
[商品メモ] 背に焼けあり
[流通価格(商品登録時調べ)] 2376 円
[備考] メール便不可
商品解説

[コメント] 人格は増殖する—ひきこもり、ポー、ラカン、おたく、カルト、清涼院流水、トラウマ、村上春樹、多重人格、オウム、手塚治虫、ポストモダン、記憶喪失、「キレる」、黒澤清、動機なき犯罪、—同時代の貌を映す精神分析クロニクル(帯文より)
多重人格や記憶喪失をひきおこすような心のメカニズムを指す「解離」という言葉をキーワードに、社会を震憾させた犯罪から文学、映画、漫画などあらゆる表現までを分析。精神科医 斎藤環が1990年代半ばから発表した論文や対話を集成した社会評論集。

[目次・構成・収録内容]
はじめに

I 時代と社会
 1 解離現象から見た「おたくとオウム」
 2 思春期と攻撃性—「サブカルチャー」の視点から
 3 「社会的ひきこもり」とヴァーチャル・リアリティ

II 「事例」検討
 4 精神科医は多重人格の幽霊を見るか?
 5 「教養」から「神経症」へ—手塚治虫の現在形
 6 メタ密室と命名の身振り—ポー、ラカン、清涼院流水
 7 解離の技法と歴史的外傷—『ねじまき鳥クロニクル』をめぐって

III 対話
 8 「多重人格」の射程 大澤真幸×斎藤環
 9 トラウマと解離 中井久夫×浅田彰×斎藤環
 10 工学化する社会/動物化する人間 東浩紀×斎藤環

IV 「精神分析」のために
 11 「空虚さ」を超え「不安」のほうへ
 12 「歴史の終わり」と空虚さの病理
 13 解離とポストモダン、あるいは精神分析からの抵抗
 14 「精神分析」を回避することの困難さについて

おわりに
初出一覧

[図書分類] 心理学・精神分析
[キーワード] ANTHOLOGY|OTAKU・GEEK|COMMUNICATION|DIALOG・INTERVIEW|POP|CRITICISM・CRITICAL
[コード] 4326652888

詳細情報を表示

基本情報のみ表示

海外発送

International Shipping

Please contact us with title or code that you want, your name and address from inquiry form.
We will e-mail you the total costs of your purchase including the shipping cost and tax.
We would accept PayPal payment only.
After confirming payment, we send parcel by JAPAN POST SERVICE soon!

商品価格
980円

RELATION

関連商品のご紹介

BOOK : DOMESTIC

同じカテゴリーのリストを表示する

NEW ARRIVAL

新着商品のリストを表示する

BLOW-OUT PRICE

期限付き特別価格(ウェブショップ注文限定)のリストを表示する

SHOPPING CART

商品点数
0点
合計金額
0円
税込6,500円以上お買い上げで配送無料!国内送料280円(メール便)〜

ADD TO CART

商品タグ
NEW ARRIVAL
商品番号
BK170116
商品価格
980円
注文数量

BOOKMARK / SHARE

AUTOGRAPH

CLASSIFICATION

KEYWORD