商品画像
終りなき世界 90年代の論理[image1]
商品名
終りなき世界 90年代の論理
商品説明
[著者] 柄谷行人 岩井克人
[写真] 篠山紀信 [ブックデザイン] 義江邦夫
[発行所] 太田出版
[発行年] 1990年 初版
[言語] 日本語 [フォーマット] 四六|ハードカバー [ボリューム] 219ページ
[サイズ] 194mm × 136mm × 20mm
[構成] 1冊 [付属] カバー
[コンディション] BODY:GOOD ★★★☆☆☆☆ JACKET:GOOD ★★★☆☆☆☆
[商品メモ] カバーに疲れ、本文ページにヤケあり
[備考] 版元品切
商品解説

[コメント] 柄谷行人と岩井克人により行なわれた1990年2月28日と3月22日の対話と、雑誌『すばる』(1990年6月号)のための対談の速記原稿を元に、全面的な改稿を経てまとめられたもの。

[目次・構成・収録内容]
序章 「昭和の終焉」と一九八九年
 一九八九年を象徴する三題噺
 「昭和の終焉」をめぐる驚き

第1章 世界資本主義とコメ
 日本語に守られたコメと文学
 主食としてのコメとムギ
 柳田国男とコメ信仰
 コメがもたらした純粋天皇制
 閉じられたコメの国際性
 革新官僚による戦時立法の遺産
 エコロジーと農業との差異
 私小説と農村
 世界資本主義と小説のポリフォニー

第2章 資本主義の固有と普遍
 厄年に出会う「日本経済論」
 経済学の普遍性とインド・ヨーロッパ語
 イギリス型資本主義と純粋資本主義
 資本主義外としての「歴史」
 「株式会社」におけるヒト、モノ、法人
 アメリカ型資本主義と唯名論
 日本型資本主義と実念論
 ヘーゲル的有機体としての個人、国家、会社
 アメリカと日本のプロ野球と大学
 親子を擬制化した日本の家族制度
 世界資本主義の血と「固有名」
 対立概念としての自由主義と民主主義
 亡命国家としてのアメリカ
 アメリカと日本のレイシズム
 「正直」のウソと「偽善」のホント
 世界宗教の原理とレイシズム
 世界資本主義と数学の証明

第3章 社会主義と資本主義の敗北
 社会主義の「敗北」と資本主義の「勝利」
 産業資本主義と商人資本主義
 後進国の資本主義を支える共産主義
 優秀な労働者を養成した社会主義
 島と大陸の関係は帝国と民主の対立
 一九三〇年代の帝国の露呈
 日本とドイツの復活
 「終り」という物語の終り
 九十年代の恐慌の可能性

第4章 帝国の露呈と終りなき運動
 ミッテランの敗北と帝国ドイツの復活
 一九九二年問題の変容
 皇帝としてのゴルバチョフ
 宗教としての資本主義
 終りなき運動としての共産主義
 両義性としての世界資本主義
 「歴史の終り」と日本のスノビズム
 「終り」なき闘争へ

あとがき

[外部リンク]
http://www.kojinkaratani.com/

[図書分類] 思考・思想・哲学|経済・金融・財政
[キーワード] HISTORICAL|DIALOG・INTERVIEW|GLOBAL|RELIGIOUS・FAITH
[コード] 4872330056

詳細情報を表示

基本情報のみ表示

海外発送

International Shipping

Please contact us with title or code that you want, your name and address from inquiry form.
We will e-mail you the total costs of your purchase including the shipping cost and tax.
We would accept PayPal payment only.
After confirming payment, we send parcel by JAPAN POST SERVICE soon!

商品価格
680円

RELATION

関連商品のご紹介

BOOK : DOMESTIC

同じカテゴリーのリストを表示する

NEW ARRIVAL

新着商品のリストを表示する

BLOW-OUT PRICE

期限付き特別価格(ウェブショップ注文限定)のリストを表示する

SHOPPING CART

商品点数
0点
合計金額
0円
税込6,800円以上お買い上げで配送無料!国内送料280円(メール便)〜

ADD TO CART

商品番号
BK160082
商品価格
680円
注文数量

BOOKMARK / SHARE

LIMITED

CLASSIFICATION

KEYWORD