商品画像
定本 柳田國男集(新装版) 第27巻[image1]定本 柳田國男集(新装版) 第27巻[image2]
商品名
定本 柳田國男集(新装版) 第27巻
商品説明
[著者] 柳田國男
[発行所] 筑摩書房 [シリーズ] 定本 柳田國男集
[発行年] 昭和48年 5刷
[言語] 日本語 [図版] モノトーン|写真
[フォーマット] 菊判|ハードカバー [ボリューム] 452ページ
[サイズ] 232mm × 162mm × 29mm
[構成] 1冊 [付属] 函、月報
[コンディション] BODY:VERY GOOD ★★★★☆☆☆ JACKET:GOOD ★★★☆☆☆☆
[商品メモ] 函に凹み箇所、キズ、シミあり
[備考] 版元品切、メール便不可
商品解説

[目次・構成・収録内容]
後狩詞記
山島民譚集(1)

山島民譚集(2)草案稿本
俗聖沿革史
賽の河原の話
子安の石像
地蔵の新和讃
地蔵殿の苗字
水引地蔵
廻り地蔵
子安地蔵
黒地蔵白地蔵
掛神の信仰に就て
忌と物忌の話
勝善神
猿廻しの話
絵馬と馬
板絵沿革
龍王と水の神
片葉蘆考
諸国の片葉の蘆
七難の揃毛
民俗覚書
所謂特殊部落ノ種類
木地屋物語
木地屋土着の一二例
マタギと云ふ部落
竹篭を作る者
郷土研究小篇(23篇)

内容細目
あとがき

[プロフィール]
柳田國男(やなぎたくにお 1875-1962) 兵庫県福崎町に生まれ、幼少年期より文学的才能に恵まれ、短歌、抒情詩を発表。東京帝国大学法科大学卒業後、農商務省農務局農政課に勤務し、貴族院書記官長を辞任後、朝日新聞社に入社。その間全国の農山村を歩き、1913年3月に雑誌『郷土研究』を発行し、近代化とともに失われつつあった各地の伝統的な生活や習俗の膨大な資料・史料を収集の末、狩人の伝承を記した『後狩詞記』(1909)や、岩手県の遠野に伝わる説話をまとめた『遠野物語』(1912)から、『海上の道』にいたるまで多くの著作を遺すとともに、民俗学研究・郷土研究を行い民俗学者を育成するなど多大な業績を遺す。

[図書分類] 風俗・習俗・民俗|伝説・民話・昔話|総記・全集・叢書
[キーワード] ANTHOLOGY|MYTH(神話)|RELIGIOUS・FAITH
[コード] 4480751270

詳細情報を表示

基本情報のみ表示

海外発送

International Shipping

Please contact us with title or code that you want, your name and address from inquiry form.
We will e-mail you the total costs of your purchase including the shipping cost and tax.
We would accept PayPal payment only.
After confirming payment, we send parcel by JAPAN POST SERVICE soon!

商品価格
780円

RELATION

関連商品のご紹介

BOOK : DOMESTIC

同じカテゴリーのリストを表示する

NEW ARRIVAL

新着商品のリストを表示する

BLOW-OUT PRICE

期限付き特別価格(ウェブショップ注文限定)のリストを表示する

SHOPPING CART

商品点数
0点
合計金額
0円
税込6,500円以上お買い上げで配送無料!国内送料280円(メール便)〜

ADD TO CART

商品番号
BK140283
商品価格
780円
注文数量

BOOKMARK / SHARE

RE-STOCK

CLASSIFICATION

KEYWORD