商品画像
幹校六記 〈文化大革命〉下の知識人[image1]
商品名
幹校六記 〈文化大革命〉下の知識人
商品説明
[著者] 楊絳 [翻訳] 中島みどり
[発行所] みすず書房
[発行年] 1985年
[言語] 日本語 [フォーマット] 四六|ハードカバー [ボリューム] 205ページ
[サイズ] 195mm × 134mm × 18mm
[構成] 1冊 [付属] カバー
[コンディション] BODY:GOOD ★★★☆☆☆☆ JACKET:GOOD ★★★☆☆☆☆
[商品メモ] 本体天にシミあり
[備考] 版元品切
商品解説

[コメント] 〈プロレタリア文化大革命〉は、1966年5月の毛沢東の指示とともに始まった。つづく数年間に、2000万をこえる知識人が、辺境の〈幹部学校〉、略して〈幹校〉へと〈再教育〉のために送られていった。《ドン・キホーテ》の中国訳で知られ、英文学の名誉教授である著者も、夫の銭鍾書とともにその群れのなかにいた。この小さな書物には、その日々の体験が記録されている。讃美もなく、告発もなく、衝撃的な事実をもひたすら澄んだ眼ざしでみつめて。
中国のある書評にはこう記されている。〈この本は悲しみと喪失の感覚に満たされている。しかし我々もまた彼女とひとしく、嘆きも失望もするまい。我々はあやまちに対する彼女の憤りを感ずる。しかしここにはいかなる憎しみも非難もない。あらゆる言葉が、その誠実と真実をもって語られているのだ。〉
ほかに、革命と戦争の民国時代を生きた知識人である父と、著者の生れ育ったその幸福な家庭を語る〈父の回想〉の一篇をも収める。(カバーより)

[目次・構成・収録内容]
日本語版への序
幹校六記
 はしがき
 下放 別を記す
 鑿井 労を記す
 学圃 閑を記す
 「小趨」 情を記す
 冒険 幸を記す
 誤伝 妾を記す
父の回想
 補塘兄挽詞五首
訳者あとがき

[図書分類] 東洋史・アジア史|海外文学・翻訳作品
[キーワード] HISTORICAL|REPORT・RECORD|ASIA(アジア)
[コード] 4622010836

詳細情報を表示

基本情報のみ表示

海外発送

International Shipping

Please contact us with title or code that you want, your name and address from inquiry form.
We will e-mail you the total costs of your purchase including the shipping cost and tax.
We would accept PayPal payment only.
After confirming payment, we send parcel by JAPAN POST SERVICE soon!

商品価格
780円

RELATION

関連商品のご紹介

BOOK : DOMESTIC

同じカテゴリーのリストを表示する

NEW ARRIVAL

新着商品のリストを表示する

BLOW-OUT PRICE

期限付き特別価格(ウェブショップ注文限定)のリストを表示する

SHOPPING CART

商品点数
0点
合計金額
0円
税込6,800円以上お買い上げで配送無料!国内送料280円(メール便)〜

ADD TO CART

商品番号
BK140205
商品価格
780円
注文数量

BOOKMARK / SHARE

PICKING UP

CLASSIFICATION

KEYWORD