商品画像
様式の美學[image1]様式の美學[image2]様式の美學[image3]
商品名
様式の美學
商品説明
[著者] 矢崎美盛
[発行所] 創元社
[発行年] 昭和19年 初版
[言語] 日本語 [図版] モノトーン|写真
[フォーマット] 菊判|セミハード [ボリューム] 291ページ
[サイズ] 215mm × 154mm × 20mm
[構成] 1冊 [付属] カバー
[コンディション] BODY:GOOD ★★★☆☆☆☆ JACKET:GOOD ★★★☆☆☆☆
[商品メモ] 3000部、経年ヤケ・シミ、クスミ・カバー縁に傷あり
[備考] 絶版
商品解説

[コメント] 山梨県東山梨郡八幡村出身。東京帝国大学を卒業後、フランス、ドイツ、イタリアに留学し、1925年より法政大学教授、九州帝国大学および京城帝大教授をつとめたのち、1948年より東京大学文学部教授となり、ドイツ哲学を基本にした美学、美術史を担当した哲学者、美術史家矢崎美盛(1895-1953)。本書は、芸術を精神の現れとして、その歴史性を追求し、“時代様式と、地方様式と、二つの側面から、様式の問題の所在と方向とを探求し、これと連関して、芸術意識を組成する主要なる諸要素に触れようとするものである。芸術史の哲学を企画するとともに、芸術地理学の概念を與えようとする。それぞれ独立にもみられ得る数篇の論考は内面的には緊密に契合して、ひたすら、様式の問題の組織的闡明に向かって努力するものである”(序より抜粋)。

[目次・構成・収録内容]

時代様式
 芸術の歴史
 芸術史論
  一 序説
  二 現代芸術史論の概観
  三 芸術史の諸形態
 様式の問題
地方様式
 芸術様式の地方性
  一 序説
  二 浄心園十三重石塔
  三 筥崎宮の樓門
 枚聞神社の手箱
 筑後の神角寺
芸術意識
 自然美ーその運命についての薤露
 民衆のこころー尻取り
 巵言─芸術の形式と内容
 民族のこころ─アラビヤ断片
 新様式の黎明─雲岡の石窟

[図書分類] 思考・思想・哲学|日本美術|造形・彫刻・立体|建築・土木・環境工学|美術論・芸術論|日本史
[キーワード] HISTORICAL|CRITICISM・CRITICAL|STYLE・MODE

詳細情報を表示

基本情報のみ表示

海外発送

International Shipping

Please contact us with title or code that you want, your name and address from inquiry form.
We will e-mail you the total costs of your purchase including the shipping cost and tax.
We would accept PayPal payment only.
After confirming payment, we send parcel by JAPAN POST SERVICE soon!

商品価格
1,800円

RELATION

関連商品のご紹介

BOOK : DOMESTIC

同じカテゴリーのリストを表示する

NEW ARRIVAL

新着商品のリストを表示する

BLOW-OUT PRICE

期限付き特別価格(ウェブショップ注文限定)のリストを表示する

SHOPPING CART

商品点数
0点
合計金額
0円
税込6,800円以上お買い上げで配送無料!国内送料280円(メール便)〜

ADD TO CART

商品番号
BK130346
商品価格
1,800円
注文数量

BOOKMARK / SHARE

LIMITED

CLASSIFICATION

KEYWORD