商品画像
犬養毅[image1]犬養毅[image2]
商品名
犬養毅
商品説明
[著者] 平沼赳夫
[発行所] 山陽図書出版 [シリーズ] 岡山人物叢書
[発行年] 昭和50年
[言語] 日本語 [図版] モノトーン|写真
[フォーマット] A5|ハードカバー [ボリューム] 255ページ
[サイズ] 222mm × 156mm × 20mm
[構成] 1冊 [付属] 函、帯
[コンディション] BODY:FINE ★★★★★☆☆ JACKET:FINE ★★★★★☆☆
[備考] 版元品切
商品解説

[コメント] わが国近代史の主要部分の随所に、犬養はその足跡を印している。西南戦争では従軍記者として、明治の大疑獄事件である十四年政変には若手官僚として、華かな大正デモクラシー時代には国民党総裁…。“憲政の神様”といわれたように、犬養の主義主張や行動力は断然、他に抜きんでている。岡山の生んだ不世出の政治家というだけでなく、その人生は魅力あふれるエピソードの連続であり、その生涯は、日本の近代政治史そのものである。(裏表紙側帯文より)
同郷出身の政治家平沼赳夫が国政に進出する以前に記した犬養毅伝記。

[目次・構成・収録内容]
昭和七年五月十五日
犬養家の人々
川入の腕白坊主
御一新
意地っ張りの上京
花のお江戸の貧乏書生
慶応義塾へ
平民出の秀才
従軍記者
西郷死す
再度慶応へ
「東海経済新報」の創刊
統計院入り
三ヵ月で退官
改進党の結党
秋田へ招聘される
自由民権運動
特派員として朝鮮へ
鹿鳴館・そしてふたたび民権運動
第一回国会議員選挙に当選
第一回衆議院議員
“選挙大干渉”下の第二回総選準
対外硬運動
八日間の大臣
東亜友好への情熱
亡命者たちとの交流
犬養、尾崎の別れ
立憲国民党の創立
大正デモクラシ─
第一次世界大戦まで
三党首会談
“米騒動”前後
万年野党の下積み生活
普選法の提案
引退・そして再出馬
政友会総裁に就任
犬養内閣の誕生
年譜

[図書分類] 日本史|政治・行政
[キーワード] BIOGRAPHY|HISTORICAL|DOCUMENTARY

詳細情報を表示

基本情報のみ表示

海外発送

International Shipping

Please contact us with title or code that you want, your name and address from inquiry form.
We will e-mail you the total costs of your purchase including the shipping cost and tax.
We would accept PayPal payment only.
After confirming payment, we send parcel by JAPAN POST SERVICE soon!

商品価格
980円

RELATION

関連商品のご紹介

BOOK : DOMESTIC

同じカテゴリーのリストを表示する

NEW ARRIVAL

新着商品のリストを表示する

BLOW-OUT PRICE

期限付き特別価格(ウェブショップ注文限定)のリストを表示する

SHOPPING CART

商品点数
0点
合計金額
0円
税込6,800円以上お買い上げで配送無料!国内送料280円(メール便)〜

ADD TO CART

商品タグ
BLOW-OUT PRICE
商品番号
BK130205
商品価格
980円
注文数量

BOOKMARK / SHARE

BLOW-OUT PRICE

CLASSIFICATION

KEYWORD