商品画像
過激にして愛嬌あり 「滑稽新聞」と宮武外骨[image1]過激にして愛嬌あり 「滑稽新聞」と宮武外骨[image2]
商品名
過激にして愛嬌あり 「滑稽新聞」と宮武外骨
商品説明
[著者] 吉野孝雄
[マーク] 和田誠
[発行所] 筑摩書房 [シリーズ] ちくまぶっくす50
[発行年] 1983年 初版1刷
[言語] 日本語 [図版] モノトーン|イラスト
[フォーマット] B6|ソフトカバー [ボリューム] 251ページ
[構成] 1冊 [付属] カバー、その他
[コンディション] BODY:GOOD ★★★☆☆☆☆ JACKET:GOOD ★★★☆☆☆☆
[商品メモ] 「ぶっくすらんど 7」付、ヤケ・シミあり
[備考] 版元品切
商品解説

[コメント] 明治から昭和にかけて、帝国憲法のパロディを掲載して不敬罪に問われた『頓智協會雑誌』をはじめ、『滑稽新聞』、『ハート』、『スコブル』、『猥褻研究会雑誌』、『ヘンタイ知識』、『面白半分』など、生涯に170点を超える刊行物を次々と発行したジャーナリストとして知られ、言葉遊びなどの奇抜な表現と方法で、政治権力や世論に迎合するジャーナリズムを徹底して揶揄する行動を取りつづけ、入獄、罰金、発禁などの筆禍29回。晩年は東京大学法学部内に明治新聞雑誌文庫を創設し、その蒐集と保存に尽力するなど、新聞雑誌蒐集研究家、江戸明治期の世相風俗研究家としても知られる宮武外骨(1867-1955)。本書は、明治34年1月に大阪で創刊し、ユスリ新聞、誇大広告、権力者の腐敗・悪行を「過激にして愛嬌ある」方法で暴露し続け、明治41年10月の「自殺号」でその幕をおろした「滑稽新聞」について、宮武外骨の甥であり、晩年の外骨を知る著者が、そのたたかいの軌跡を活写したもの。

[目次・構成・収録内容]
1 あわれなはいを食う野蜘蛛―インチキ売薬「肺労散」
2 肝癪を経とし色気を緯とす―「滑稽新聞」創刊
3 照る日もあれば曇る日もあり―官吏侮辱罪事件
4 撞かぬ鐘を征露軍備の大砲に―日露開戦と「桧可斬」
5 余は入獄の決心を堅めたり―荻警視収賄事件
6 敢て問う、役人か悪人か―“賂軍”とのたたかい
7 刺客の出ん事を望む者あり一日露講和条約
8 久し振りだ一喧嘩やって見ようか―「大阪平民新聞」創刊
9 本誌ここに潔く自殺を遂げる―「滑稽新聞」自殺号
あとがき

[図書分類] 出版・印刷|社会学・社会現象|ノンフィクション|報道・広報・広告
[キーワード] CRITICISM・CRITICAL|MODERN(モダニズム)|MEDIA・MESSAGE|EDIT(編集)|HISTORICAL|BIOGRAPHY

詳細情報を表示

基本情報のみ表示

海外発送

International Shipping

Please contact us with title or code that you want, your name and address from inquiry form.
We will e-mail you the total costs of your purchase including the shipping cost and tax.
We would accept PayPal payment only.
After confirming payment, we send parcel by JAPAN POST SERVICE soon!

商品価格
1,500円

RELATION

関連商品のご紹介

BOOK : DOMESTIC

同じカテゴリーのリストを表示する

NEW ARRIVAL

新着商品のリストを表示する

BLOW-OUT PRICE

期限付き特別価格(ウェブショップ注文限定)のリストを表示する

SHOPPING CART

商品点数
0点
合計金額
0円
税込6,800円以上お買い上げで配送無料!国内送料280円(メール便)〜

ADD TO CART

商品番号
BK110901
商品価格
1,500円
注文数量

BOOKMARK / SHARE

RE-STOCK

CLASSIFICATION

KEYWORD