商品画像
L’Age d’Homme[image1]
商品名
L’Age d’Homme
商品説明
[著者] Michel Leiris
[発行所] Gallimard
[発行年] 2010年 Reprinted
[言語] フランス語 [フォーマット] 新書|ソフトカバー [ボリューム] 213ページ
[構成] 1冊 
[コンディション] BODY:FINE ★★★★★☆☆ JACKET:VERY GOOD ★★★★☆☆☆
商品解説

[コメント] パリに生まれ、レーモン・ルーセルの影響を受け、詩人マックス・ジャコブに師事したのち詩作を開始したミシェル・レリス(Michel Leiris 1901-1990)。1924年にシェルレアリスム運動に参加するもののブルトンと対立し、1929年にグループを脱退、ジョルジュ・バタイユ主幹の『ドキュマン』誌に協力したり、1936年にはジョルジュ・バタイユ、ロジェ・カイヨワらと社会学研究会に参加するなど、当時の知の動きにも敏感に連動。他の経歴としては、1931年にはダカール=ジプチアフリカ横断調査旅行(1931-33)に参加、帰国後はトロカデロ人類博物館に勤務し民族学者としての道を歩み、『黒人アフリカの美術』(新潮社 1968)にまとめるなど、民族学論文や憑依現象に関する著作のほか、学術報告書の域を大きくはみ出しているといわれる『幻のアフリカ』(河出書房新社 1995 完訳)、さらに特異な語彙感覚を駆使して書き綴られた四部作『ゲームの規則』(1948-76)や、『夜なき夜昼なき昼』(現代思潮社 1970)、『闘牛鑑』(現代思潮社 1971)、『オランピアの頸のリボン』(人文書院 1999)、『ピカソ・ジャコメッティ・ベイコン』(人文書院 1999)、『オランピアの頸のリボン』(1999 人文書院)ほか多くの美術評論を発表している。本書は、ミシェル・レリスを告白文学の作家として知らしめた代表作であり、邦訳『成熟の年齢』としても知られる作品。フロイト的なアレゴリーとシュルレアリスム流のモンタージュを用いながら、詩と散文の方法を結合した言語実験者の告白録。

[図書分類] エッセイ・随筆|海外文学・翻訳作品|日記・手記・書簡|洋書・輸入品
[キーワード] MONOLOGUE|BIOGRAPHY
[コード] 2070364356

詳細情報を表示

基本情報のみ表示

海外発送

International Shipping

Please contact us with title or code that you want, your name and address from inquiry form.
We will e-mail you the total costs of your purchase including the shipping cost and tax.
We would accept PayPal payment only.
After confirming payment, we send parcel by JAPAN POST SERVICE soon!

商品価格
980円

RELATION

関連商品のご紹介

BOOK : IMPORT

同じカテゴリーのリストを表示する

NEW ARRIVAL

新着商品のリストを表示する

BLOW-OUT PRICE

期限付き特別価格(ウェブショップ注文限定)のリストを表示する

SHOPPING CART

商品点数
0点
合計金額
0円
税込6,800円以上お買い上げで配送無料!国内送料280円(メール便)〜

ADD TO CART

商品番号
BK110846
商品価格
980円
注文数量

BOOKMARK / SHARE

RE-STOCK

CLASSIFICATION

KEYWORD