商品画像
近代日本とキリスト教 明治篇[image1]
商品名
近代日本とキリスト教 明治篇
商品説明
[編集] 久山康
[発行所] 基督教学徒教兄弟団
[発行年] 昭和34年 3刷
[言語] 日本語 [フォーマット] B6|ハードカバー [ボリューム] 382ページ
[構成] 1冊 
[コンディション] BODY:FAIR ★★☆☆☆☆☆ JACKET:GOOD ★★★☆☆☆☆
[商品メモ] ヤケ・スレほか、記名・部分書き込みあり
[備考] 絶版
商品解説

[コメント] 近代日本におけるキリスト教の展開や影響について、山谷省吾、高坂正顕、小塩力、亀井勝一郎、椎名麟三、猪木正道、北森嘉蔵、隅谷三喜男、武田清子、久山康(司会)らの討議を収録した『近代日本とキリスト教』の明治篇。

[目次・構成・収録内容]
序 討議の課題
第一章 明治維新とキリスト教
 日本の開国と世界情勢
 明治初年の思想の推移
 キリスト教の渡来
 三バンドの形成および同志社の開校
 士族の入信の仕方
 儒教よりキリスト教への転換
 回心の諸相
 宣教師の活動
 カトリック教会の再出発
第二章 自由民権の時代とキリスト教
 自由民権時代の社会情勢
 明治十年代の思想の推移
 キリスト教の発展と迫害
第三章 欧化主義とキリスト教
 欧化主義の時代
 欧化主義とキリスト教の膨張
 明治の精神革命
 文学に対するキリスト教の影響
 新しい学問とキリスト教
第四章 国家主義の擡頭期におけるキリスト教
 憲法発布と教育勅語煥発の意義
 国家主義の擡頭
 試練期のキリスト教
第五章 三十年代のキリスト教
 三十年代の社会と思想の推移
 新しい伝道活動
 キリスト教徒社会主義
 日露戦争とキリスト教
第六章 明治末年のキリスト教
 明治末年の社会思想
 自然主義文学とキリスト教
 キリスト教各教派の活動
 幸徳秋水事件とキリスト教
 明治天皇の崩御とキリスト教
 幕末明治キリスト教年代表

[図書分類] 日本史|キリスト教|政治・行政|戦争・軍事・兵法|思考・思想・哲学
[キーワード] RELIGIOUS・FAITH|MODERN(モダニズム)|HISTORICAL|JAPAN・JAPONISM|DIALOG・INTERVIEW

詳細情報を表示

基本情報のみ表示

海外発送

International Shipping

Please contact us with title or code that you want, your name and address from inquiry form.
We will e-mail you the total costs of your purchase including the shipping cost and tax.
We would accept PayPal payment only.
After confirming payment, we send parcel by JAPAN POST SERVICE soon!

商品価格
1,000円

RELATION

関連商品のご紹介

BOOK : DOMESTIC

同じカテゴリーのリストを表示する

NEW ARRIVAL

新着商品のリストを表示する

BLOW-OUT PRICE

期限付き特別価格(ウェブショップ注文限定)のリストを表示する

SHOPPING CART

商品点数
0点
合計金額
0円
税込6,800円以上お買い上げで配送無料!国内送料280円(メール便)〜

ADD TO CART

商品番号
BK110115
商品価格
1,000円
注文数量

BOOKMARK / SHARE

AUTOGRAPH

CLASSIFICATION

KEYWORD