商品画像
春画 片手で読む江戸の絵[image1]
商品名
春画 片手で読む江戸の絵
商品説明
[著者] タイモン・スクリーチ [翻訳] 高山宏
[装幀] 山岸義明
[発行所] 講談社 [シリーズ] 講談社選書メチエ 128
[発行年] 1998年 4刷
[言語] 日本語 [図版] モノトーン
[フォーマット] 四六|ソフトカバー [ボリューム] 285ページ
[構成] 1冊 [付属] カバー
[コンディション] BODY:GOOD ★★★☆☆☆☆ JACKET:GOOD ★★★☆☆☆☆
[備考] 版元品切
商品解説

[コメント] 江戸時代に数多く描かれ、人々の手に渡った浮世絵、中でも当時のポルノグラフィーである春画はどのように使われたのか?巨大な生殖器・豆男・動植物や小道具とともに男女の性だけでなく、男色・獣姦などがおおっぴらに描かれるこれら春画に託された意味とは? 江戸の性、身体、象徴、窃視、空間システムなど多方面から美術史の一つの特異点を創造した江戸時代の文化を、日本美術史・江戸文化論を専門とし、『江戸の身体を開く』(作品社)や『大江戸視覚革命』(作品社)など、興味深い江戸文化論で知られるロンドン大学アジア・アフリカ研究学院助教授のタイモン・スクリーチ(1961-)が、西洋の絵画と共に多数の図版を比較し、これまでになかった春画のとらえ方を披露した一冊。

[目次・構成・収録内容]
序 大江戸春画トピアへようこそ
第1章 春画・セクシュアリティ・美人画
 1 絵を拝む
 2 使用と濫用
第2章 分節される身体
 1 江戸のジェンダー
 2 肌と衣服の論理
 第3章 春画の中のシンボル
 1 水と陰陽
 2 植物と動物
 3 小物たち
第4章 窃視の政治学
 1 使用人
 2 真似ゑ門
 3 レンズ
第5章 性と外界
 1 内部空間と歴史物語
 2 旅と異人
結び この絵は勝ってはいけない

参考文献
人名索引

[図書分類] 日本美術|日本史|絵画・版画・平面|美術論・芸術論
[キーワード] EROTICISM|BODY(身体)|FANTASY|TOKYO・EDO|PLEASURE・DESIRE|PERVERSION|IMAGE・IMAGERY
[コード] 4062581280

詳細情報を表示

基本情報のみ表示

海外発送

International Shipping

Please contact us with title or code that you want, your name and address from inquiry form.
We will e-mail you the total costs of your purchase including the shipping cost and tax.
We would accept PayPal payment only.
After confirming payment, we send parcel by JAPAN POST SERVICE soon!

商品価格
1,000円

RELATION

関連商品のご紹介

BOOK : DOMESTIC

同じカテゴリーのリストを表示する

NEW ARRIVAL

新着商品のリストを表示する

BLOW-OUT PRICE

期限付き特別価格(ウェブショップ注文限定)のリストを表示する

SHOPPING CART

商品点数
0点
合計金額
0円
税込6,800円以上お買い上げで配送無料!国内送料280円(メール便)〜

ADD TO CART

商品番号
BK101168
商品価格
1,000円
注文数量

BOOKMARK / SHARE

PICKING UP

CLASSIFICATION

KEYWORD