商品画像
搶救龍潭聖蹟亭[image1]
商品名
搶救龍潭聖蹟亭
商品説明
[編集] 廖雪芳
[美術指導] 黄永松
[発行所] 漢聲雑誌社 [シリーズ] 漢聲雑誌 78
[発行年] 1995年
[言語] 中国語(繁體字) [図版] モノトーン、カラー
[フォーマット] A4変型|部分袋綴・平装 [ボリューム] 160ページ
[サイズ] 295mm × 248mm × 14mm
[構成] 1冊 
[コンディション] BODY:NEW ★★★★★★★ JACKET:NEW ★★★★★★★
[商品メモ] 巻頭折込図版あり
[備考] 版元品切
商品解説

[コメント] 漢聲(ハンシェン)は、台湾に暮らす中国人の文化や生活をありのままを伝える『ECHO of Things Chinese』を1971年に創刊した漢聲雑誌社が、1978年よりスタートした文化叢書シリーズ。伝統の建築様式、切絵細工、染色、民俗衣装、特定の地域にしか残されていない少数民族の文化・風習、女性たちに受け継がれてきた技術など、のちに5種10類56項目に分類される中国各地の伝統文化や急速な現代化の中で失伝の危機に瀕している貴重な民間芸能を調査・収集・記録し、保存・伝承することをテーマに、毎号の特集に応じた造本は視覚や触覚に強く訴えてきます。アート・ディレクター兼発行人である黄永松(ファン・ヨンソン)の中国の民芸・工芸のポップな斬新さ、漢字の美しさなどを巧みに表現するエディトリアル・デザインは、中国文化史に足跡を残すものとして国際的にも高く評価されています。
「文運宏開、過化存神」の宅印を表紙に用いた本号では、漢字を発明したという伝説の人物蒼頡を祀った「龍潭聖蹟亭」を特集。聖蹟亭は台湾各地にあり書や本を燃やす場所となっている。麒麟が書物を吐き出し、それを民衆に与えるために鳳凰がくわえて運んでいく。また、字は燃やされても魂となって残るのだという。中国の言霊信仰ともいうべき「惜字崇文」の思想を象徴した文物を調査。

[目次・構成・収録内容]
図序
搶救龍潭聖蹟亭海報
聖蹟亭朝聖十站導覧行
春遊聖蹟亭
看張師傅拓碑
從《聖蹟亭捐縁總抄簿》
看一百二十年前聖蹟亭建造的勘輿、擇日及買地立契
童心、郷愁、聖蹟亭
惜字亭引発的文化課題
用文字保衛文字
談龍潭聖蹟亭
聖亭路拓寛聖亭譲路―搶救龍潭聖蹟亭討論会記實
搶救三級古蹟
龍潭聖蹟亭公聽会
搶救聖蹟亭的二類三案
各説各話
敬惜字紙及聖蹟亭
台湾地区聖蹟亭的建築形式
文献中的惜字習俗
清代的惜字会
龍潭聖蹟亭大事記
尋找失物
凌雲國中認養聖蹟亭

※表記は原文の中国語ではなく、日本語の漢字をあてています。

[図書分類] 東洋思想|宗教全般|民族学・人類学|建築・土木・環境工学|美術論・芸術論|東洋史・アジア史|洋書・輸入品
[キーワード] ASIA(アジア)|ANTHOLOGY|RELIGIOUS・FAITH|RUIN|REPORT・RECORD|LANGUE・TERM|HISTORICAL|BOOKBINDING

詳細情報を表示

基本情報のみ表示

外部リンク
現在こちらの商品は在庫を切らしております。

RELATION

関連商品のご紹介

BOOK : IMPORT

同じカテゴリーのリストを表示する

NEW ARRIVAL

新着商品のリストを表示する

BLOW-OUT PRICE

期限付き特別価格(ウェブショップ注文限定)のリストを表示する

SHOPPING CART

商品点数
0点
合計金額
0円
税込6,800円以上お買い上げで配送無料!国内送料280円(メール便)〜

ADD TO CART

商品タグ
SOLD OUT
商品番号
BK090651
現在こちらの商品は在庫を切らしております。

BOOKMARK / SHARE

RE-STOCK

CLASSIFICATION

KEYWORD