商品画像
江戸思想史講義[image1]
商品名
江戸思想史講義
商品説明
[著者] 子安宣邦
[装丁] 間村俊一
[発行所] 岩波書店
[発行年] 1998年 1刷
[言語] 日本語 [フォーマット] 四六|ハードカバー [ボリューム] 370ページ
[サイズ] 184mm × 138mm × 26mm
[構成] 1冊 [付属] カバー
[コンディション] BODY:GOOD ★★★☆☆☆☆ JACKET:GOOD ★★★☆☆☆☆
[備考] 版元品切、メール便不可
商品解説

[コメント] 近代的視点から無自覚に再構成されてきたのではないかという疑問から、中江藤樹、山崎闇斎、伊藤仁斎、三宅尚斎、萩生徂徠、中井履軒、賀茂真淵、本居宣長といった江戸の思想家を当時の言説空間に投げ返すことによって江戸思想を読み返し、新たな江戸の姿によって批判的に近代を捉え返そうとした本書は、子安宣邦が『思想』に連載した諸論をまとめたもの。

[目次・構成・収録内容]
序 方法としての江戸

中江藤樹
第一章 「孝」の教説と〈孝子伝〉との間

山崎闇斎とその学派
第二章 「敬説」と「心法」の言語—日本的〈内部〉形成の言説

伊藤仁斎(その一)
第三章 二つの『字義』・儒学の再構成と脱構築—『語孟字義』講義の上

伊藤仁斎(その二)
第四章 「天命を知る」ということ—『語孟字義』講義の下

三宅尚斎
第五章 「鬼神」と「理」—祭祀来格と朱子学派の言説

萩生徂徠
第六章 先王の道は礼楽のみ

中井履軒
第七章 近世儒者知識人の存在と知の位相

賀茂真淵
第八章 万葉的世界の表象—
文化的同一性形成の言説

本居宣長(その一)
第九章 和歌の俗流化と美の自律—「物のあはれ」論の成立

本居宣長(その二)
第十章 一国的始源の語り


あとがき
初出一覧
書名索引
人名索引

[図書分類] 日本思想|思考・思想・哲学|日本史|宗教全般|政治・行政
[キーワード] PLACE・TOPOS|TOKYO・EDO|JAPAN・JAPONISM|RELIGIOUS・FAITH|EDUCATION|HISTORICAL|BIOGRAPHY|REPRESENTATION
[コード] 4000002163

詳細情報を表示

基本情報のみ表示

海外発送

International Shipping

Please contact us with title or code that you want, your name and address from inquiry form.
We will e-mail you the total costs of your purchase including the shipping cost and tax.
We would accept PayPal payment only.
After confirming payment, we send parcel by JAPAN POST SERVICE soon!

商品価格
1,780円

RELATION

関連商品のご紹介

BOOK : DOMESTIC

同じカテゴリーのリストを表示する

NEW ARRIVAL

新着商品のリストを表示する

BLOW-OUT PRICE

期限付き特別価格(ウェブショップ注文限定)のリストを表示する

SHOPPING CART

商品点数
0点
合計金額
0円
税込6,800円以上お買い上げで配送無料!国内送料280円(メール便)〜

ADD TO CART

商品番号
BK090608
商品価格
1,780円
注文数量

BOOKMARK / SHARE

BLOW-OUT PRICE

CLASSIFICATION

KEYWORD