商品画像
知の最前線 現代フランスの哲学[image1]
商品名
知の最前線 現代フランスの哲学
商品説明
[著者] ヴァンサン・デコンブ [翻訳] 高橋允昭
[表紙作品] 辻けい [写真] 大輪真之 [装幀] 中野智雄
[発行所] TBSブリタニカ
[発行年] 1985年 初版4刷
[言語] 日本語 [フォーマット] B6|ハードカバー [ボリューム] 302ページ
[サイズ] 192mm × 136mm × 26mm
[構成] 1冊 [付属] カバー
[コンディション] BODY:GOOD ★★★☆☆☆☆ JACKET:GOOD ★★★☆☆☆☆
[商品メモ] カバー背に褪色・本文ページにヤケあり
[備考] 版元品切、メール便不可
商品解説

[コメント] パリ高等研究院でアレクサンドル・コジェーヴ(Alexandre Kojeve 1902-1968)により1933年にスタートするヘーゲルの『精神現象学』についての講義がおこなわれた状況から、フッサールの現象学からモーリス・メルロー=ポンティへ、サルトルの実存主義に影響を与えたハイデガー、ソシュールの記号学、フランス現代思想の源流となったニーチェ、フロイト、マルクス、さらに構造主義、ポスト構造主義を代表するジャック・ラカン、ミシェル・フーコー、ロラン・バルト、ルイ・アルチュセール、ミシェル・セール、ジャック・デリダ、ジャン・フランソワ・リオタール、ジル・ドゥルーズなど、45年間にわたるフランス哲学の状況を詳しく解説したもの。

[目次・構成・収録内容]
まえがき
序論 フランスにおける哲学
1 無の人間化
 ヘーゲル解釈
 具体的哲学の探究
 独我論への反論
 否定の起源
 歴史の終末
 否定性
 同一性と差異性
 言表行為の問題

補遺 『存在と無』における無

2 真理の人間的起源
 魂と身体
 地球は回らない
 月の裏側は現実に存在するか
 現象
 歴史の現象学

3 記号学
 1960年の知的風景
 構造主義
 精神分析とは何か
 情報伝達
 構造
 ヒューマニズム論争

4 歴史の批判
 ニヒリズム
 危機に立つマルクス主義
 上部構造
 権力の問題への序論

5 差異
 現象学の徹底化
 差延
 根源的遅滞
 超越論的経験論の探求
 弁証法の批判

6 時代の終末
 権力
 世紀末病
 歴史の週末の(物語の終末の)物語
 最後の考察

原註
訳註
訳者あとがき

[図書分類] 思考・思想・哲学|言語学・記号論|心理学・精神分析|民族学・人類学|歴史全般・歴史学
[キーワード] QUEST・EXPLORE|GUIDE(ガイド)|RULE(法律・法則)|CRITICISM・CRITICAL

詳細情報を表示

基本情報のみ表示

海外発送

International Shipping

Please contact us with title or code that you want, your name and address from inquiry form.
We will e-mail you the total costs of your purchase including the shipping cost and tax.
We would accept PayPal payment only.
After confirming payment, we send parcel by JAPAN POST SERVICE soon!

商品価格
1,280円

RELATION

関連商品のご紹介

BOOK : DOMESTIC

同じカテゴリーのリストを表示する

NEW ARRIVAL

新着商品のリストを表示する

BLOW-OUT PRICE

期限付き特別価格(ウェブショップ注文限定)のリストを表示する

SHOPPING CART

商品点数
0点
合計金額
0円
税込6,800円以上お買い上げで配送無料!国内送料280円(メール便)〜

ADD TO CART

商品番号
BK090597
商品価格
1,280円
注文数量

BOOKMARK / SHARE

AUTOGRAPH

CLASSIFICATION

KEYWORD